逮捕、罰金、刑事事件を刑事弁護士に相談して解決

刑事弁護士に相談.com > 示談(傷害の示談) > 渋谷駅で同僚と起こした傷害事件を示談で解決したい。

前科がつかないように解決

刑事弁護士が前科をつかないように解決

周囲にバレないように解決

周囲にバレないように刑事弁護士が解決

示談成立で円満に解決

刑事弁護士で示談成立で円満に解決

秘密厳守。匿名で相談できます。
日本全国24時間受付 0120-631-276

営業時間のご案内

私たちALPCの受付は365日24時間受付です。
予約専用フリーダイヤルは携帯電話・PHSからもお電話がつながります。

刑事弁護士の相談フリーダイヤル0120-631-276

秘密厳守。匿名で相談できます。

お知らせ

傷害の示談

よくある刑事弁護士への相談の例

渋谷駅で同僚と起こした傷害事件を示談で解決したい。

会社の飲み会の帰りに、同僚と喧嘩になり、けがを負わせてしまいました。警察から取り調べを受けて、刑事事件になっています。今後の解決方法について、どうすればよいか、相談させてください。

先週、会社で新入社員歓迎会がありました。その日は金曜日で、明日を気にせず飲めるということで、久しぶりにあう同期の3人で飲み直しに行こうということになり、渋谷に向かいました。

渋谷駅近くの居酒屋で夜通し飲みあかし、始発が出るころにお開きとなりました。私たち3人のうち1人は「俺地下鉄だから、お疲れ。」と言ってその場で分かれ、私ともう1人の2人で京王井の頭線の駅に向かって歩いていきました。

途中、私は酔いが酷く、千鳥足で歩いていたため、同僚にドンドンとぶつかってしまっていたようで、「ちゃんと歩けよ。」と何度か注意されました。しかし、私も酔うと悪ふざけをする癖があり、そのままぶつかり続けてしまいました。

すると、その同僚が怒り出しました。「痛いんだよ。」相手は軽く振り払ったつもりだったのでしょうが、ふらついていた私はバランスを崩し転んでしまいました。突き飛ばされたと思った私は、「何するんだよ。」と相手を突き飛ばし返しました。そのまま酔っ払い通しのケンカが始まりました。

ふにゃふにゃなパンチだったので大した怪我にはなりませんでしたが、突き飛ばした際に相手は右足を捻挫し、地面で顔面を打って鼻の骨を骨折してしまったようです。現場を見ていた通行人が警察に通報したらしく、警察官が駆けつけ、交番から警察署に連れていかれました。そこで、取調べを受け、半日経ってやっと解放されました。

そもそも、今回のトラブルは私が原因ですし、相手はけがまでしています。示談をして仲直りしたいのですが、こういった場合はどのようにしたらいいのでしょうか?

刑事弁護士からの一行回答

今回の事件は、ご相談者と相手方は会社の同僚同士で、共通の知り合いも多いと思われますので、ご相談者自身で示談交渉を進めるか、共通の知り合いに間に入って示談交渉を進めてもらうのがよいと思われます。

相手方に示談金を支払う場合は、必ず示談書を作成し、後日、紛争が蒸し返されることがないようにしてください。示談書を作成したら、それを警察署に持って行きましょう。刑事事件もそのまま無事に解決できる場合が多いです。

もし「話し合いがこじれて自分たちでは解決できない」という事態になってしまったら、刑事弁護士を立てて示談交渉を進めるのも1つです。加害者本人とは話したくないが、弁護士であれば話をきいてもよいという被害者も少なくありません

刑事弁護士が間に入れば、被害者の同僚は何が気に入らずに示談をしたくないのかを聞き出し、その点のケアをしてゆくことができます。

もし被害者の彼が法律的にみて著しく過大な請求をしているのであれば、その点を教え諭しますし、被害者の方もこの段階で示談をするメリットがあることを伝えて、最終的に事件が穏便に解決するように話し合いを進めていきます

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

刑事弁護士に相談 0120-631-276

代表弁護士インタビュー
「警察沙汰で諦めてしまう人が多すぎる。事件を穏便に解決する方法はこれだ。」

Q 普段のお仕事で心がけていることは何ですか?

弁護士岡野武志岡野 事件が警察沙汰になって落ち込んでいる方を慰めることです。多くの刑事事件は、警察沙汰になっても正しく対処すれば前科が付かない結果を得ることができます。前科が付かなければ、今まで通りの暮らしに戻れるケースが多いです。

Q 他には何か心がけていることはありますか?

岡野 単に刑事事件を法律的に解決するだけでなく、どうすれば無事にこれまでの生活を取り戻せるという点を意識しています。法律的には直接効果的な手段がなくても、弁護活動を工夫することで、例えば事件が早期解決し、マスコミに報道されなかったり、家族や職場に知られなかったり、職場に復帰できたりと、多くのメリットを受けることができます。法律的な観点だけではなく、トラブルを穏便に解決するという視点が大切だと常々感じています。

Q これまでに事務所で取り扱ってきた事件はどのような事件ですか?

岡野 現在は月間1,500件以上の新規お問い合わせを頂いており、年間2,000件を越える刑事事件の法律相談に対応しています。通常の刑事事件であれば、ご相談者の事件と同じような事件を数多く取り扱ってきた実績があるので、どのような事件でも安心してご相談ください。なお、プライバシーが心配な方のために、匿名・偽名でも相談できる体制を整えています。まずはお気軽にフリーダイヤルまでお問い合わせください。一部、無料相談にも対応しています。

より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く(アイコンをクリック

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴行、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族が逮捕中の方なら無料相談を受けられます

刑事弁護士に相談弁護依頼事件解決の流れ
親身で頼りになる刑事弁護士との相談予約を24時間体制で受付けています

0120-631-276に電話をかける。専属のスタッフが親身に対応します。

ALPCの刑事弁護士に電話をかける

代表弁護士からの一言

私たちALPCの弁護士は、あなたの絶対の味方です。
世間から「犯罪者」とののしられようとも、
社会から「変質者」と後ろ指を刺されようとも、
刑事事件を重点的に扱う私たちALPCだからこそ、
あなたは親身な対応を受けることができます。
あなたは親切な回答を受けることができます。

弁護士に事件を相談する。プライバシー重視。完全個室で対応します。

事件について弁護士に相談する

代表弁護士からの一言

私たちALPCの弁護士は、刑事事件を中心的に取り扱う専門家です。
会社や学校に伝わるのは絶対に避けたい内容であろうとも、
恥ずかしくて人に言いにくい悩みを抱えていようとも、
刑事事件を重点的に扱う私たちALPCだからこそ、
あなたは匿名で相談を受けることができます。
あなたは偽名でも相談を受けることができます。

事件の解決方法を選ぶ。明確な料金体系。安心して依頼できます。

刑事弁護士に事件解決の方針を伝える

代表弁護士からの一言

私たちALPCの弁護士は、事件に合った解決プランを提供します。
要望を実現するための弁護士費用はどれくらいかかるか、
明確に定めた料金体系を弁護士が詳しく説明するので、
あなたは最終的にかかる費用の目安を最初に把握できます。
相談だけ希望、セカンドオピニオン希望の方を歓迎しているので、
あなたは弁護士のアドバイスを聞くだけで帰ることもできます。

プロの刑事弁護サービスを受ける。日常生活を無事に取り戻すことができます。

事件が終わって弁護士から挨拶

代表弁護士からの一言

ALPCの弁護士の活動によって、以下のメリットを受けられる場合があります。
ケース1:犯罪の前科なしで事件を終了することができる。
ケース2:会社や学校に事件のことを知られないで済む。
ケース3:示談成立で円満な解決を図ることができる。
ケース4:警察署や拘置所から早く出ることができる。
ケース5:犯罪をしていないという無実を証明することができる。

PAGETOP