弁護士の活用法を大公開!

勾留されたが釈放を勝ち取るには?

[質問]
夫が警察に逮捕されました。知り合いの弁護士は「勾留はされないだろう。」と言っていたのですが、本日10日間の勾留が決定されてしまいました。弁護士に依頼すれば、ここから釈放を勝ち取ることはできますか?


[回答]
刑事事件における勾留の決定に対しては、準抗告という不服申立ての手段を採ることができます。これは、勾留決定が不適法であることを理由に、勾留の効果を失わせて釈放するよう裁判所に求めるものです。

準抗告においては、罪証隠滅や逃亡のおそれがないため勾留の要件が満たされない、などの主張をすることになります。また、10日間の勾留後、更に10日間の勾留延長がなされることがありますが、この勾留延長決定に対しても準抗告することが可能です。

一方、適法な勾留決定があったとしても、その後に、被害者の方との示談が成立したり、身元引受人が現れたりといった事情の変更があり、勾留すべきでなくなった場合には、勾留取消による釈放を求めることができます。

軽微な事件では、正式裁判によることなく、略式罰金の処理がなされることもあります。検察官が略式命令を請求した場合、通常その日のうちに罰金刑が言い渡され、釈放されます。

身柄拘束されたまま起訴され、正式な公判手続に入ったとしても、保釈の請求が認められれば釈放されます。保釈のためには保釈金の納付が必要ですが、逃亡などの理由により没取されない限り、保釈金は裁判後に還付されます。

弁護士に依頼し、これらの手続で釈放されるために必要な活動を尽くしてもらえば、釈放を勝ち取ることは可能です。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 友だち追加

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

以上のような事でお悩みなら

お悩みを解消するのに一番良い方法は、刑事事件専門の弁護士に相談することです。刑事弁護士の適切な弁護を受けることで、あなたは平穏な日常生活を取り戻すことが期待できます。

弁護を受けると
例えば、このような結果を実現できることがあります。

  • 逮捕・勾留にならずに済む。
  • 会社や学校に事件を知られずに済む。
  • 示談成立で起訴されずに済む。
  • 罰金を科されず前科も付かずに済む。
  • 執行猶予となり刑務所に入らず済む。
  • 無実であることが証明される。

お困りならすぐにお電話ください。

初めて弁護士事務所に電話する方もご安心ください。親切・丁寧な対応を心掛ける弊所の専属スタッフがお待ちしております。

問い合わせだけでも大丈夫です。
まずはフリーダイヤルにお電話ください。

  • 24時間365日、お待ちしております。
  • 携帯・非通知でもお電話いただけます。
  • 刑事専門の専属スタッフが対応します。
  • 秘密が外に漏れることはありません。
  • ご家族が逮捕中の方は相談無料です。
警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

無料相談から解決までの流れ

1電話で相談を予約する

24時間365日受け付けています。
匿名・非通知でもお電話いただけます。

2刑事弁護士に悩みを相談する

秘密厳守を徹底しています。
ご家族が逮捕中の方は相談無料です。

3解決のための弁護を依頼する

活動開始前に費用を明確に説明します。
相談のみ希望の方も歓迎です。

お悩み解決例

逮捕勾留が長引かず帰宅できました。
誰にもバレず職場復帰できました。
示談成立で不起訴になりました。
犯罪の前科が付かずに済みました。
無実を証明してもらえました。

警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

▼ 閉じる ▼