刑事弁護士に相談.com » 窃盗を刑事弁護士に相談 » ATM破りで渋谷警察署に逮捕された。

前科がつかないように解決

刑事弁護士が前科をつかないように解決

周囲にバレないように解決

周囲にバレないように刑事弁護士が解決

示談成立で円満に解決

刑事弁護士で示談成立で円満に解決

秘密厳守。匿名で相談できます。
日本全国24時間受付 0120-631-276

ALPCについて


秘密厳守。匿名で相談できます。
日本全国24時間受付 0120-631-276

営業時間のご案内

私たちALPCの受付は365日24時間受付です。
予約専用フリーダイヤルは携帯電話・PHSからもお電話がつながります。

刑事弁護士の相談フリーダイヤル0120-631-276

秘密厳守。匿名で相談できます。

※ 新型コロナ感染予防の取組

ATM破りで渋谷警察署に逮捕された。

よくある刑事弁護士への相談の例

ATM破りで渋谷警察署に逮捕された。

深夜、銀行の無人店舗に侵入して、重機でATMを壊して現金を奪ったのがばれて、警察に逮捕されました。

きっかけは、不良グループの先輩から「効率よく稼げるヤマがあるんだけど、お前もどう?」と誘われて、窃盗団に加わるようになったことです。車上盗や事務所荒らしなど、手広くやってきました。ATM破りは、重機が必要になるなどで大がかりなヤマなので、これまでは手がけてきませんでした。

しかし先日、ついに重機を手配できる段取りになったので、ATM破りを決行することになったのです。場所は、重機を使った大がかりな作業をしても、すぐには警察が駆けつけない地域を選ぶ必要があります。いろいろとリサーチした結果、渋谷区の某地域を選びました。

私はリーダー格ではないものの、調査と店舗の選択を担当しました。

当日、某地域の某銀行の無人店舗の前に集結しました。通常、深夜に店舗の中に忍び込もうとしても、センサーが作動して警備員に通報されてしまいます。重機が手に入ったところでもあるので、正面突破で、重機のアームで店舗の扉ごと吹っ飛ばすことにしました。

そうして店舗内に入ると、次は本丸のATMです。これも、どこをどうすれば現金収納部分が表れるか事前に調査して、手順を考えてありました。その手順どおりにアームでこじ開けたところ、現金が現れました。それをアームで拾ってトラックに回収し、我々は一目散にその場を逃げ去りました。

この間、私はトラックの運転を担当しました。

ひとまず安全な場所まで逃げた後、報酬を山分けしました。全部で450万円近くあり、私は100万円を受け取りました。それでグループはいったん解散し、次のヤマまで連絡を待つことになりました。

ところが、1週間もしたころ、突然警察に取り囲まれて、逮捕されました。グループの一員が捕まり、そこから芋づる式に逮捕されたようです。ほかの仲間がどう話しているのかわからないので、いまは黙秘しています。私選弁護士に事件を依頼すれば、どのような活動ができますか?

刑事弁護士からの一行回答

私選の刑事弁護士を立てて対応すれば、渋谷警察署管内でATM破りをしたご相談者の事件に関して、様々な弁護活動を受けることができます。

私選の刑事弁護士(私選弁護人)の活動の方向性を決めるのは、依頼者の意思です。もちろん、依頼者が違法な証拠隠滅や証人威迫を希望した場合は、たとえ私選弁護人であっても、これをサポートすることはできません。ただ、違法な依頼でなければ、社会一般的に見て「反省していない」と思われるような依頼でも、刑事弁護人はサポートしていくことになります。なぜなら、社会一般の倫理と、刑事弁護人に課せられた職業倫理は異なるからです。

例えば、社会一般的には、真犯人の被疑者が「黙秘したい」と言っていたら、「犯人が黙秘したいとは、けしからん!」ということになるでしょう。ただ、刑事弁護人の場合は、被疑者の「黙秘したい」という意思を尊重して、黙秘権の行使をサポートしなければなりません。これが日本国憲法に定められた被疑者・被告人の権利であり、刑事弁護人の役割だからです。

本件の場合は、まず問題となるのは、ご相談者がどうなりたいかです。「窃盗団から足を洗って人生をやり直したいのか」「仲間のことを話してもいいのか、嫌なのか」「刑務所にさえ入らなければ、それ以外は大丈夫なのか」「被害弁償はするつもりなのか、全員でするつもりなのか、周りはしなくても自分一人でもするつもりなのか」等、色々な要素を決める必要があります。

弁護士のサポートは、ご相談者が決めた目標を実現するためのお手伝いに過ぎません。ご相談者が反省して示談をしたいというのであれば、弁護士を通じて示談交渉を進めることができますし、早く留置場から出たいというのであれば、弁護士を通じて保釈申請の手続きを進めることができます

刑事事件のよくある相談
「警察沙汰で逮捕・呼出しを受けたら、前科がついて仕事もクビになり人生終了しかない?」

Q 警察沙汰になったら前科は避けられませんか?

警察沙汰になって逮捕や呼出しを受けても、必ず前科がつくわけではありません。多くの刑事事件は、警察沙汰になっても正しく対処すれば前科が付かない結果を得ることができます。前科が付かなければ、今まで通りの暮らしに戻れるケースが多いです。

Q 警察沙汰になっても仕事をクビにならず元の生活に戻れますか?

逮捕されてもすぐに釈放されたり、そもそも逮捕されなければ、元の生活に戻りやすくなります。事件が職場にバレるのは、逮捕後に長期間の身柄拘束を受けて無断欠勤が続いてしまう場合や、事件が起訴され裁判沙汰になりマスコミに実名報道されてしまう場合などです。逆に言えば、早期に釈放され不起訴で裁判沙汰にならず解決できれば、職場に事件を知られてクビになるリスクはかなり低くなります。

Q アトム法律事務所の刑事事件の実績は?

現在は月間2,500件以上の新規お問い合わせを頂いており、年間2,500件を越える刑事事件の法律相談に対応しています。年間400件以上の解決実績がありますので、ご相談者の事件と同じような事件にも、解決に向けたノウハウがありますからご安心ください。まずはお気軽にフリーダイヤルまでお問い合わせください。特に緊急性が高いため、逮捕や警察呼出しなどの事案は無料相談にも対応しています。

より詳しい解決方法は罪名別よくある質問に続く(アイコンをクリック

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴行、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族が逮捕中の方なら無料相談を受けられます

刑事弁護士に相談弁護依頼事件解決の流れ
親身で頼りになる刑事弁護士との相談予約を24時間体制で受付けています

10120-631-276に電話をかける。専属のスタッフが親身に対応します。

0120-631-276に電話をかける。専属のスタッフが親身に対応します。

ALPCの刑事弁護士に電話をかける

私たちALPCの弁護士は、あなたの絶対の味方です。
世間から「犯罪者」とののしられようとも、
社会から「変質者」と後ろ指を刺されようとも、
刑事事件を重点的に扱う私たちALPCだからこそ、
あなたは親身な対応を受けることができます。
あなたは親切な回答を受けることができます。

2弁護士に事件を相談する。プライバシー重視。完全個室で対応します。

弁護士に事件を相談する。プライバシー重視。完全個室で対応します。

事件について弁護士に相談する

私たちALPCの弁護士は、刑事事件を中心的に取り扱う専門家です。
会社や学校に伝わるのは絶対に避けたい内容であろうとも、
恥ずかしくて人に言いにくい悩みを抱えていようとも、
刑事事件を重点的に扱う私たちALPCだからこそ、
あなたは匿名で相談を受けることができます。
あなたは偽名でも相談を受けることができます。

3事件の解決方法を選ぶ。明確な料金体系。安心して依頼できます。

事件の解決方法を選ぶ。明確な料金体系。安心して依頼できます。

刑事弁護士に事件解決の方針を伝える

私たちALPCの弁護士は、事件に合った解決プランを提供します。
要望を実現するための弁護士費用はどれくらいかかるか、
明確に定めた料金体系を弁護士が詳しく説明するので、
あなたは最終的にかかる費用の目安を最初に把握できます。
相談だけ希望、セカンドオピニオン希望の方を歓迎しているので、
あなたは弁護士のアドバイスを聞くだけで帰ることもできます。

4プロの刑事弁護サービスを受ける。日常生活を無事に取り戻すことができます。

プロの刑事弁護サービスを受ける。日常生活を無事に取り戻すことができます。

事件が終わって弁護士から挨拶

ALPCの弁護士の活動によって、以下のメリットを受けられる場合があります。
ケース1:犯罪の前科なしで事件を終了することができる。
ケース2:会社や学校に事件のことを知られないで済む。
ケース3:示談成立で円満な解決を図ることができる。
ケース4:警察署や拘置所から早く出ることができる。
ケース5:犯罪をしていないという無実を証明することができる。

PAGETOP
0120-631-276 365日24時間 匿名相談可能