弁護士の活用法を大公開!

刑事弁護士と警察・捜査

刑事弁護士が刑事事件の流れを解説

ここでは、刑事事件の流れを見てみましょう。 まず、あなたの刑事事件について、警察が認知します。 それから警察は捜査を行ない、証拠を集めて事件の見通しを立てます。 犯罪の嫌疑と逃亡・証拠隠滅のおそれが認められるときは、通常 […]

刑事事件の捜査の流れは?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の捜査の流れについて見てみましょう。 刑事事件の捜査は、最終的には起訴・不起訴に向けて行なわれます。 大まかな流れは、次のとおりです(なお、逮捕・勾留される場合を想定しています)。 ▼捜査が開始  11 […]

刑事事件の逮捕からの流れは?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の逮捕から起訴までの流れについて見てみましょう。 逮捕から起訴までは、次のような流れで進みます。 なお、ここでは、警察によって逮捕された場合を想定しています。 ▼警察に逮捕される  逮捕から最大48時間 […]

交通事故の弁護は刑事弁護士にお任せ

あなたが交通事故を起こしたとします。 この場合、捜査が始まる前でも、始まった後でも、なるべく早くに刑事弁護士にご相談ください。 まず、事件が発覚しておらず、捜査が始まっていない場合を想定します。 この段階でも、刑事事件に […]

刑事事件で被害届の取り下げはできる?|刑事弁護士が解説

被害者のいる犯罪について捜査が行なわれる場合、通常は被害届が出されます。 では、示談をして被害者から許してもらった場合、被害届は取り下げてもらうことができるでしょうか。 一度提出した被害届自体は、取り戻すことができません […]

刑事事件の不起訴処分とは?|刑事弁護士が解説

刑事事件が不起訴になるとは、どのような意味でしょうか。 まず、不起訴処分には、以下のように何種類かの理由(原因)があります。 ▲罪とならず  認定できる事実を前提としても、たとえば正当防衛が成立するなどにより、犯罪の成立 […]

刑事弁護士と捜査権の関係

刑事弁護士に警察の捜査権は及ぶのでしょうか?「刑事弁護士に事件を相談したものの、警察の捜査権が及ぶのであれば、弁護士に相談したことが警察に知られてしまうのではないか?」などの不安をお持ちの方へ。以下の解説をご参考ください […]

どうなったら刑事事件の被告になる?|刑事弁護士が解説

起訴されると、あなたは刑事事件の被告(厳密には、被告人)となります。 他方、起訴される前は、「被疑者」や「容疑者」と呼ばれます。 両者を分ける基準は、「起訴されたかどうか」であって、非常に明確です。 もっとも、どちらの段 […]

刑事事件の被害届とは?|刑事弁護士が解説

被害届とは、被害事実を申告する書面をいいます。 被害を申告するという内容なので、主体は、被害者かその法定代理人です。 告訴状や告発状との違いは、告訴状は被害事実(犯罪事実)の申告に加えて犯人の処罰を求める意思表示も含んで […]

刑事弁護士に捜査権はある?

捜査機関は、捜査を行なう権限(捜査権)を持っています。時には強制捜査も行ないます。 では、刑事弁護士は、捜査権を持っているでしょうか。 実は、弁護士には、捜査権というものがないのです。 もともと捜査機関の捜査権は、刑事訴 […]

刑事事件で不起訴の連絡はしてもらえる?|刑事弁護士が解説

あなたが刑事事件に関して不起訴にしてもらえた場合、不起訴になった旨の連絡は、実は当然にはしてもらえるわけではありません。 あなた(被疑者)の側で、不起訴になった旨を告知するよう請求して初めて、教えてもらえるのです。 この […]

刑事事件の在宅起訴とは|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の在宅起訴とは何かについて見てみましょう。 在宅起訴とは、あなた(被疑者)が捜査段階において身柄を拘束されていなかった場合に、その状態のまま起訴されることです。 身柄を拘束されないことを「在宅」というの […]

刑事事件における物的証拠とは|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件における物的証拠とは何かについて見てみましょう。 物的証拠とは、多くの場合、証拠物を指します。 ただ、人的証拠との対比においては、証拠書類も含む場合もあり得ます。 特に、防犯カメラ画像や写真を書類に印刷 […]

通話履歴は刑事事件で捜査される?|刑事弁護士が解説

ここでは、あなたの通話履歴は刑事事件で捜査されるかについて見てみましょう。 あなたの刑事事件について捜査が行われる場合、捜査のため必要がある限り、あなたの通話履歴は捜査機関に開示されてしまいます。 たとえば、あなたが共犯 […]

刑事事件の逮捕から裁判までの流れは?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の逮捕から裁判までの流れについて見てみましょう。 警察に逮捕された場合、裁判までの流れは、おおむね次のように進みます。 ▼逮捕から最大48時間 警察に留置され、取り調べを受けます。 自白している場合は、 […]

刑事事件で訴えることはどういう意味か|刑事弁護士が解説

たとえば、刑事事件の被害者が加害者のことを「訴える」とか「訴えてやる」ということがあります。 ここでは、刑事事件で訴えるとはどのような意味かについて、見てみましょう。 刑事訴訟では、起訴を行なうのは、検察官だけに与えられ […]

刑事事件の不起訴処分とは?|刑事弁護士が解説

不起訴処分とは、検察官が事件についての終局処分として、公訴を提起しないこととする処分をいいます。 終局処分ではありますが、一事不再理効はありません。 そのため、一度不起訴とした事件について、後になって公訴を提起することも […]

詐欺が刑事事件になる場合とは|刑事弁護士が解説

次の要件を満たすとき、詐欺は犯罪として成立し、刑事事件となります。 (1)言葉または動作により、人を欺いて財産を処分させることに向けた行為をする    たとえば、被害者に電話をして、「母さんオレだよ、取引でミスをして、損 […]

刑事弁護士はマスコミ対応もしてくれる?

あなたが刑事事件で逮捕されると、新聞やニュースに報道されることがあります。 さらに場合によっては、実名で報道されることもあります。 このような報道がされる事態は、防ぎたいところです。 「報道されたくない」という希望をお持 […]

刑事事件の弁護に委任契約書は必要?|刑事弁護士が解説

刑事弁護士が刑事事件について弁護活動を始めるには、委任契約書は必要でしょうか。 刑事事件の弁護活動をするには、委任契約書は必ずしも必要ではありません。 代わりに必要なのは、私選弁護人の場合には「弁護人選任届」、国選弁護人 […]

刑事事件の告訴とは|刑事弁護士が解説

告訴とは、被害者など法律上告訴権を有する人が、検察官または司法警察員に対して、被害事実(犯罪が行なわれたこと)を申告し、犯人の処罰を求める意思表示をいいます。 被害届との異同は、被害事実を申告することまでは同じですが、さ […]

刑事事件の告発とは|刑事弁護士が解説

告発とは、犯人や告訴権者あるいは捜査機関など以外の第三者が、捜査機関に対して、犯罪事実を申告して、犯人の処罰を求める意思表示をすることをいいます。 被害届との異同は、犯罪事実を申告することまでは同じですが、さらに犯人の処 […]
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 友だち追加

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

以上のような事でお悩みなら

お悩みを解消するのに一番良い方法は、刑事事件専門の弁護士に相談することです。刑事弁護士の適切な弁護を受けることで、あなたは平穏な日常生活を取り戻すことが期待できます。

弁護を受けると
例えば、このような結果を実現できることがあります。

  • 逮捕・勾留にならずに済む。
  • 会社や学校に事件を知られずに済む。
  • 示談成立で起訴されずに済む。
  • 罰金を科されず前科も付かずに済む。
  • 執行猶予となり刑務所に入らず済む。
  • 無実であることが証明される。

お困りならすぐにお電話ください。

初めて弁護士事務所に電話する方もご安心ください。親切・丁寧な対応を心掛ける弊所の専属スタッフがお待ちしております。

問い合わせだけでも大丈夫です。
まずはフリーダイヤルにお電話ください。

  • 24時間365日、お待ちしております。
  • 携帯・非通知でもお電話いただけます。
  • 刑事専門の専属スタッフが対応します。
  • 秘密が外に漏れることはありません。
  • ご家族が逮捕中の方は相談無料です。
警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

無料相談から解決までの流れ

1電話で相談を予約する

24時間365日受け付けています。
匿名・非通知でもお電話いただけます。

2刑事弁護士に悩みを相談する

秘密厳守を徹底しています。
ご家族が逮捕中の方は相談無料です。

3解決のための弁護を依頼する

活動開始前に費用を明確に説明します。
相談のみ希望の方も歓迎です。

お悩み解決例

逮捕勾留が長引かず帰宅できました。
誰にもバレず職場復帰できました。
示談成立で不起訴になりました。
犯罪の前科が付かずに済みました。
無実を証明してもらえました。

警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

▼ 閉じる ▼