弁護士の活用法を大公開!

刑事弁護士とは

刑事事件は刑事弁護士に任せた方がいい?

あなたが刑事事件を起こしたとします。 弁護を依頼するとき、どのような弁護士を選ぶのがいいでしょうか。 刑事事件の弁護は、刑事事件に詳しい弁護士に任せるのが一番です。 というのも、刑事事件を解決するには、民事事件では鍛えら […]

刑事弁護士と成功報酬

刑事弁護士の弁護士費用は、着手金と報酬金とに分けて計算するのが一般的です。着手金とは、事件を受任した段階で発生する弁護士費用で、後日解約されたとしても、返金を受けることはできません。これに対して、報酬金とは、事件を解決し […]

刑事弁護士の専門分野

刑事弁護士の専門分野は、刑事事件です。刑事事件を専門分野としている弁護士を刑事弁護士といいます。 刑事事件とは、警察などの捜査機関が介入する紛争を言います。民事事件は、私人対私人の争いであるのに対して、刑事事件は、訴追す […]

刑事弁護士とタイムチャージ制

刑事弁護士の弁護士費用をタイムチャージ制とすることは可能です。もっとも、従前どおり、着手金・報酬金のスタイルで弁護士費用を計算する刑事弁護士がほとんどです。タイムチャージ制とするよりも、事件の実態に合致することが多いから […]

刑事弁護士と弁護士バッジの関係

刑事弁護士として活動していると、弁護士バッジが役に立つ時があります。 例えば、警察署で被疑者や被告人と面会(接見)する時などは、胸に弁護士バッジをつけていると、受付の際の身分確認が省略されます。受付担当の警察官に弁護士バ […]

刑事弁護士の年収

巷では、弁護士の年収が話題になっています。国税庁の統計では、弁護士の年収が年々下がっていると公表されています。では、刑事弁護士の年収はいくらくらいなのでしょうか? まず、刑事弁護士といっても、国選をメインで取り扱う弁護士 […]

刑事弁護士もタイムチャージ制にできる?

弁護士の料金体系には、大きく分けて「着手金+報酬」型と、タイムチャージ制とがあります(両方を併用する場合もあります)。 着手金+報酬型は、「着手金として※※円」・「報酬として※※円」と、あらかじめ金額や割合を示しておくも […]

刑事弁護士は大手の事務所がいいの?

「刑事弁護士を選ぶなら、やっぱり大手の事務所の方がいいんでしょうか?」という質問を受けることがあります。 刑事弁護士を選ぶ基準は、事務所の規模の大きさではありません。 そうではなく、「どれだけ弁護活動を熱心にしてくれるか […]

刑事弁護士はどのように技術を学ぶ?

刑事弁護士は、捜査・裁判(公判)を問わず、弁護技術に精通している必要があります。 では、刑事弁護士は、どこでどのように技術を学んでいるのでしょうか。 刑事弁護士が技術を学ぶ機会は、以下のようにいくつもあります。 ▲文献で […]

大手法律事務所と刑事弁護士

最近は、弁護士が50名以上所属する大手の法律事務所も珍しくありません。このような、大手の法律事務所に所属する刑事弁護士は、優秀なのでしょうか? ◉弁護士自身による。 刑事弁護士の仕事は、所属する事務所とは関係なく、個人の […]

刑事弁護士と刑事事件

刑事弁護士とは、刑事事件を取り扱う弁護士のことを言います。 一般に、法律上、事件は、民事事件と刑事事件と行政事件に分けられます。民事事件とは、相手方の私人に対して、お金を支払え、物を引き渡せと請求する紛争を言います。行政 […]

刑事弁護士になるには

刑事弁護士になることを志した場合、何をすべきでしょうか。 まず、弁護士資格が必要です。そのためには、基本的には、司法試験に合格する必要があります(副検事から検事を経て弁護士になるルートもありますが、これには何十年もの時間 […]

刑事弁護士の年収は?

刑事弁護士は、国選事件だけでは、年収はあまり(もっというと、ほとんど)儲かりません。 というのは、国選事件の報酬は基本的に安いのに対して、接見や現場検証などの弁護活動を熱心にすればするほど弁護士の金銭的負担が高くなるため […]

刑事弁護士がバッジをつける機会は?

刑事弁護士も、弁護士バッジをつけています。 民事事件が中心の弁護士よりも、刑事弁護士の方が、バッジをつける機会は多いかもしれません。 というのは、警察署で接見をする際などに、弁護士であることの確認として、バッジか身分証を […]

刑事事件と民事事件との違いは?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件と民事事件との違いについて説明します。 刑事事件と民事事件とのどちらも、法的に厳密な定義があるわけではありません。 一般的には、次のようにイメージされています。 ▲刑事事件・・・特定の行為について、犯罪 […]

国選弁護士を私選弁護士に変更可能?

[質問] 国選の弁護士が付きましたが、接見を頼んでも行ってくれません。私選の弁護士に切り替えることはできますか? [回答] 刑事事件において国選の弁護士が付いたとしても、私選の弁護士に切り替えることはいつでも自由にできま […]
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 友だち追加

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

以上のような事でお悩みなら

お悩みを解消するのに一番良い方法は、刑事事件専門の弁護士に相談することです。刑事弁護士の適切な弁護を受けることで、あなたは平穏な日常生活を取り戻すことが期待できます。

弁護を受けると
例えば、このような結果を実現できることがあります。

  • 逮捕・勾留にならずに済む。
  • 会社や学校に事件を知られずに済む。
  • 示談成立で起訴されずに済む。
  • 罰金を科されず前科も付かずに済む。
  • 執行猶予となり刑務所に入らず済む。
  • 無実であることが証明される。

お困りならすぐにお電話ください。

初めて弁護士事務所に電話する方もご安心ください。親切・丁寧な対応を心掛ける弊所の専属スタッフがお待ちしております。

問い合わせだけでも大丈夫です。
まずはフリーダイヤルにお電話ください。

  • 24時間365日、お待ちしております。
  • 携帯・非通知でもお電話いただけます。
  • 刑事専門の専属スタッフが対応します。
  • 秘密が外に漏れることはありません。
  • ご家族が逮捕中の方は相談無料です。
警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

無料相談から解決までの流れ

1電話で相談を予約する

24時間365日受け付けています。
匿名・非通知でもお電話いただけます。

2刑事弁護士に悩みを相談する

秘密厳守を徹底しています。
ご家族が逮捕中の方は相談無料です。

3解決のための弁護を依頼する

活動開始前に費用を明確に説明します。
相談のみ希望の方も歓迎です。

お悩み解決例

逮捕勾留が長引かず帰宅できました。
誰にもバレず職場復帰できました。
示談成立で不起訴になりました。
犯罪の前科が付かずに済みました。
無実を証明してもらえました。

警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

▼ 閉じる ▼