前科がつかないように解決

刑事弁護士が前科をつかないように解決

周囲にバレないように解決

周囲にバレないように刑事弁護士が解決

示談成立で円満に解決

刑事弁護士で示談成立で円満に解決

秘密厳守。匿名で相談できます。
日本全国24時間受付 0120-631-276

ALPCについて


秘密厳守。匿名で相談できます。
日本全国24時間受付 0120-631-276

営業時間のご案内

私たちALPCの受付は365日24時間受付です。
予約専用フリーダイヤルは携帯電話・PHSからもお電話がつながります。

刑事弁護士の相談フリーダイヤル0120-631-276

秘密厳守。匿名で相談できます。

※ 新型コロナ感染予防の取組

刑事弁護士と相談

刑事弁護士と無料相談

刑事弁護士に無料相談を依頼するメリットについて説明した記事です。無料相談には、すぐに相談に行ける、小さな悩みでも相談に行ける、気兼ねなく見積もりを取れる、という3つのメリットがあります。

Read more ...

刑事弁護士費用はどれくらいかかる?

刑事弁護士の弁護士費用について説明した記事です。どの事務所でどれだけの費用がかかるかについては、各事務所のホームページで公表されているのが通常です。

Read more ...

刑事事件で困ったら。刑事弁護士の選び方は?

刑事事件でお困りの方へ。刑事事件を解決するためには、どのようにして刑事弁護士を選べば良いのでしょうか?刑事弁護士の選び方に関して、役立つ情報をお伝えします。

Read more ...

偉そうな刑事弁護士はどうすれば良い?

刑事弁護士が偉そうな場合はどうすれば良い?刑事弁護士を解任することはできる?担当の弁護士の態度が偉そうな場合について、取るべき方策をお教えします。

Read more ...

刑事事件で刑事弁護士の選び方は?

あなたが刑事事件を起こしたとき、刑事弁護士の選び方はどのようにすべきでしょうか。大事なのは、刑事事件に詳しいかどうかです。それを知るには、事務所のHPの「これまでの実績」欄、特に「利用者の声」欄に着目することです。

Read more ...

偉そうな刑事弁護士は信用できる?

刑事弁護士の中には、依頼者や被害者に対してまで偉そうな態度をとる人がいます。しかし、弊所の弁護士はそのような態度をとらないので、安心してください。弊所の弁護士は、笑顔で明るく、丁寧かつ親身に対応します。

Read more ...

刑事弁護士と交通事故

交通事故は刑事弁護士の業務の範囲内?交通事故を起こしてしまった場合は、刑事弁護士に事件を依頼しても良いのでしょうか。刑事弁護士の業務の範囲と交通事故について解説します。

Read more ...

刑事弁護士と守秘義務

刑事弁護士が負う守秘義務とは、どのようなものなのでしょうか。このページでは、刑事弁護士と守秘義務の関係について、解説していきたいと思います。

Read more ...

刑事弁護士費用はどれくらいかかる?

刑事弁護士の費用(報酬など)は、以前は全国で統一されていましたが、現在は各事務所が独自に決められるようになっています。詳しい料金体系については、各事務所のホームページをご覧ください。

Read more ...

刑事弁護士に無料相談するには

刑事弁護士に無料相談をする1つの方法は、各地の弁護士会や法テラスが提供している無料相談会に参加することです。 しかし、これよりも、刑事事件に詳しい弁護士の事務所で提供している無料相談を受けることの方が、より直截です。

Read more ...

刑事弁護士に相談する方法

刑事弁護士に相談したい方へ。このページでは、刑事弁護士に相談する方法について解説しています。刑事事件の加害者になってしまい、刑事弁護士への相談を考えている方は、ぜひこのページをご参考ください。

Read more ...

刑事弁護士の無料相談

刑事事件の無料法律相談をご案内します。ご家族が逮捕・勾留されている方は、刑事弁護士との無料法律相談を受けることができます。無料の法律相談をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

Read more ...

刑事弁護士の相談料

刑事弁護士の相談料について解説しています。刑事弁護士への法律相談をお考えの方は、是非ご参考ください。刑事弁護士の相談料は、基本的には、1時間単位で発生することが多いようです。

Read more ...

刑事弁護士の守秘義務って何?

刑事弁護士の守秘義務は、あなたがどんなことでも打ち解けて話すことができるようになるという効果を持っています。そして、あなたにどんな事情でも話してもらうことが、結果的にあなたの処分が軽くなることに繋がってゆくのです。

Read more ...

刑事弁護士への相談の仕方は?

刑事弁護士への相談の仕方は?刑事事件の加害者になってしまい、刑事弁護士への法律相談をお考えの方へ。このページを読めば、刑事弁護士への相談の仕方や、刑事弁護士に相談する方法を知ることができます。

Read more ...

刑事弁護士の成功報酬はいくらくらい?

刑事事件の場合、民事事件と違って、弁護士の活動が成功した場合の利益が数値化しにくいという特徴があります。多くの場合、刑事弁護士の成功報酬は、成果ごとに報酬額を決めておくという方式によって、予測がつきやすくなっています。

Read more ...

刑事弁護士にメールで無料相談

私たちの事務所では、メールでの無料相談には対応していませんが、メールでのお問い合わせには対応しています。刑事事件でお困りの方は、お気軽に、メールでお問い合わせください。

Read more ...

刑事弁護士に専門分野はある?

刑事弁護士の専門分野は、ホームページの「主な担当分野」や「これまでの実績」を見てゆけば、自ずと見えてきます。そうして、一人一人の弁護士の専門分野を合わせてゆくことで、その事務所全体の専門性の幅の広さもまた、知ることができます。

Read more ...

刑事弁護士に相談するには?

刑事弁護士に相談するには、法テラスや弁護士会の無料法律相談会に参加して、そこに刑事弁護士がいたら相談するという方法があります。また、刑事事件に詳しい弁護士のいる事務所が独自に提供している無料相談を利用する方法もあります。

Read more ...

刑事弁護士への依頼に着手金は必要?

刑事弁護士に弁護を依頼する場合、通常は着手金が必要です。着手金の額は、法律事務所のスタンスによって多種多様です。着手金がいくらになるかという目安は、各事務所のホームページをご覧ください。

Read more ...

逮捕されたら刑事弁護士を呼ぶことができる?

逮捕された場合、刑事弁護士を呼ぶことができます。取り調べの際に、取調官に「※※先生に依頼したいです。連絡を取ってください」と言えばいいのです。なお、当番弁護士の制度もありますが、必ずしも刑事事件に詳しい弁護士が来てくれるとは限りません。

Read more ...

刑事弁護士は謝罪文の書き方も教えてくれる?

このページでは、刑事弁護士は謝罪文の書き方を教えてくれるかについて説明しています。最終的には各弁護士のスタンスによりますが、少なくとも私選の刑事弁護士なら、謝罪文の書き方についてもアドバイスをしてくれるでしょう。

Read more ...

刑事弁護士は私選で頼む方がいい?

このページでは、「刑事弁護士は私選で頼む方がいいか」について知ることができます。私選なら、刑事事件に詳しい弁護士をあなた自身で選ぶことができます。他方、国選だと、どの弁護士をつけてもらうかをあなたが指名することはできません。

Read more ...

刑事事件が会社にばれる原因は?|刑事弁護士が解説

このページでは、あなたの刑事事件が会社にばれる原因について、刑事弁護士が解説しています。そのような原因としては、警察が会社に聞き込みに行くことや、事件が報道されることが挙げられます。それに対して、弁護人は何ができるでしょうか。

Read more ...

詐欺の刑事事件の時効は?|刑事弁護士が解説

ここでは、詐欺の刑事事件の時効について刑事弁護士が解説しています。 刑事事件の時効というのは、その期間が過ぎると事件について起訴することができなくなるという意味での時効です。詐欺の場合は、7年間です。

Read more ...

刑事事件で時効が撤廃されたってホント?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事字形で時効が撤廃された犯罪について、刑事弁護士が説明しています。現在、殺人罪や強盗致死罪については、公訴時効は撤廃され、公訴時効は完成しません。他方、傷害致死罪や強姦致死罪では、公訴時効が残っています。

Read more ...

呪いをかけることは刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、人に呪いをかけることが犯罪になるかについて、刑事弁護士が解説しています。人に呪いをかけることには、人を死亡させる危険性や、人を畏怖させるに足りる程度の危険性が備わっていないのが通常なので、不可罰となるのが通例です。

Read more ...

動物虐待は刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、動物虐待が刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。他人の動物を傷害したり死亡させたりした場合には、動物傷害罪が成立します。他方、自分の動物を虐待した場合にも、動物愛護法違反となる可能性があります。

Read more ...

ネットでの名誉毀損は犯罪になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、インターネット上での名誉毀損は犯罪になるかについて、刑事弁護士が解説しています。事実を摘示する書き込みをした場合は、名誉毀損罪となります。他方、事実でなく侮辱を書き込んだ場合には、侮辱罪が成立するでしょう。

Read more ...

どんな刑事事件がニュースになる?|刑事弁護士が解説

このページでは、どのような刑事事件がニュースとして報道されるかについて、刑事弁護士が解説しています。重大性、公共性、ニュース性といった要素を備えた刑事事件は、ニュースとして報道されやすい傾向があります。

Read more ...

刑事弁護士に刑事事件の通報義務はある?

このページでは、刑事弁護士に刑事事件の通報義務があるかどうかについて知ることができます。刑事弁護士は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならないという守秘義務を負っています。そのため、職務上知った刑事事件を通報する義務はありません。

Read more ...

万引きはどのような刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、万引きがどのような刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。店から商品を持ち去る万引きは、窃盗罪に当たります。10年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。

Read more ...

刑事事件がマスコミに報道される場合とは?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件がマスコミに報道される場合について、刑事弁護士が解説しています。事件が公共性、重大性またはニュース性のどれかを備えているときは、マスコミに報道される可能性が高くなります。

Read more ...

物損事故も刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、物損事故も刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。物損事故それ自体は、基本的に刑事事件とはなりません。ただし、物損事故後に警察への報告等を怠ったときは、当て逃げ罪として刑事事件になります。

Read more ...

刑事事件と行政事件との違いは?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件と行政事件との違いについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件では、犯罪の成否と量刑とが問題となります。他方、行政事件では、行政行為の効力の有無や公法上の法律関係の有無・範囲が問題となります。

Read more ...

お金に関する刑事事件は?|刑事弁護士が解説

このページでは、お金に関する刑事事件には何があるかを知ることができます。お金に関する犯罪は、奪い取る、騙し取る、脅し取る、横領する…など、様々なパターンがあります。

Read more ...

当て逃げは刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、当て逃げが刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。自動車で物損事故を起こすこと自体は、犯罪ではありません。しかし、その後に警察への報告等の義務を怠った場合には、当て逃げ罪が成立します。

Read more ...

国選弁護でも刑事弁護士に担当してもらえる?

このページでは、国選弁護でも刑事弁護士に担当してもらえるかについて知ることができます。国選弁護でも刑事弁護士に担当してもらえることはあり得ますが、運に左右されます。私選なら、刑事弁護士に確実に弁護してもらえます。

Read more ...

刑事事件の横領罪の時効は?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の横領罪の公訴時効について、刑事弁護士が解説しています。単純横領罪の時効期間は5年、業務上横領罪の時効期間は7年とされています。

Read more ...

刑事事件はどんなときに報道される?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件がどのような場合に報道されるかということについて、刑事弁護士が解説しています。ニュース性、重大性、公共性のいずれかを備えている事件は、マスメディアに報道される可能性が高いでしょう。

Read more ...

刑事事件における時効とは|刑事弁護士

このページでは、刑事事件における事項とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件における時効とは、一定の期間を経過することによって、それ以降は事件について起訴することができなくなるという意味での時効です。

Read more ...

刑事事件の時効の起算日は?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の時効の起算日はいつかについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件の時効は、犯罪行為が終わった時から進行します。結果が発生して初めて犯罪となる場合には、結果が発生した時から時効を起算します。

Read more ...

刑事事件で時効が撤廃された?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件で時効が撤廃された犯罪・撤廃されなかった犯罪について、刑事弁護士が解説しています。平成22年の法改正により、殺人罪や強盗致死罪については公訴時効が廃止されました。

Read more ...

恫喝は刑事事件になるか|刑事弁護士が解説

このページでは、恫喝は刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。恫喝によって何をしようと(させようと)したかによって、強要罪、恐喝罪、または脅迫罪が成立する可能性があります。

Read more ...

暴行はどのような刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、人に対して暴行することがどのような刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。何に対して、どのように暴行をするかによって、様々なパターンに分かれます。

Read more ...

暴行罪はどのような刑事事件?|刑事弁護士が解説

このページでは、暴行罪はどのような刑事事件であるかについて、刑事弁護士が解説しています。暴行罪は、人の身体に対して物理的な力を行使したものの、傷害を負わせるに至らなかった場合に成立します。傷害を負わせたときは、傷害罪となります。

Read more ...

刑事事件の前科とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の前科について、刑事弁護士が解説しています。前科の意味について、厳密な定義はありません。一般的には、以前に有罪の確定判決を受けたことがあることをいうと理解されています。

Read more ...

迷惑メールを送りつけることは刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、迷惑メールを送りつけることが刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。迷惑メールを送りつける行為は、回数が増え、あるいは期間が長くなると、業務妨害罪または傷害罪という犯罪になる可能性があります。

Read more ...

刑事弁護士が窃盗の刑事事件について解説

このページでは、刑事弁護士が窃盗の刑事事件について解説しています。窃盗罪は、他人の占有・管理する財物を、その意思に反して、自己または第三者の占有のもとに移した場合に成立します。

Read more ...

刑事弁護士は余罪対応のアドバイスもしてくれる?

このページでは、刑事弁護士が余罪対応のアドバイスもしてくれるかについて知ることができます。余罪について話すか、黙秘するか、知らないと突っぱねるかは、難しい問題です。あなたのケースに即したアドバイスを、刑事弁護士から受けてください。

Read more ...

刑事事件の時効の特徴は?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の時効の特徴について、刑事弁護士が解説しています。民事の時効と違って、中断がなく停止がありうるのみというのが、刑事事件の時効の特徴です。

Read more ...

交通事故は刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、交通事故は刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。交通事故のうち物損事故自体は、基本的に刑事事件となりません。交通事故のうち人身事故は、故意・過失どちらの場合も、刑事事件となる可能性があります。

Read more ...

傷害はどのような刑事事件?|刑事弁護士が解説

このページでは、傷害はどのような刑事事件なのかについて、刑事弁護士が解説しています。傷害は、人の生理機能に障害を与えることで成立する犯罪です。物理的な力を行使する方法と、無形的な方法との2通りがあります。

Read more ...

刑事事件と民事事件との違いは?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件と民事事件との違いについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件では、民事事件と違い、被疑者・被告人と捜査機関すなわち国家とは、とうてい対等な関係とはいえません。そこで、被疑者・被告人には、弁護人がつく必要があるのです。

Read more ...

業務上横領はどんな刑事事件?|刑事弁護士が解説

このページでは、業務上横領罪はどんな刑事事件かについて、刑事弁護士が解説しています。業務上占有している他人の物を横領した場合、業務上横領罪が成立します。業務は職業などである必要はありません。占有は法律上の支配も含みます。

Read more ...

死亡診断書の偽造は刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、死亡診断書の偽造は刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。医師が公務所に提出すべき死亡診断書に虚偽の記載をした場合、犯罪となります。他方、医師でない者による死亡診断書の偽造は、犯罪となりません。

Read more ...

刑事事件の罰金は分割払いできる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の罰金は分割払いできるかについて、刑事弁護士が解説しています。罰金の分割払いは、原則として認められません。ただし、よほどの事情があるときは、検察庁の徴収課にお願いすれば認められる余地があるかもしれません。

Read more ...

刑事事件の流れを刑事弁護士が解説

このページでは、刑事弁護士が刑事事件の流れを解説しています。容疑がかかると、警察が捜査→検察が捜査→検察官が起訴・不起訴を決定→裁判→証拠調べ→判決言い渡しの流れで手続が進んでゆきます。

Read more ...

刑事事件の手続きの流れは?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の手続きの流れについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件の手続きは、警察の捜査→検察の捜査→検察官が起訴・不起訴を決定→裁判になる→証拠調べ→論告・求刑と弁論→判決という流れで進みます。

Read more ...

刑事事件における責任能力とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件における責任能力について、刑事弁護士が解説しています。責任能力とは、事物の是非・善悪を弁別し、かつ、それに従って自分の行動を制御できる能力のことをいいます。

Read more ...

学校内のことでも刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、学校内のことでも刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。学校内で起きたことであっても、犯罪の成立要件に該当する限り、刑事事件となります。特に、暴行・傷害と業務上過失致死罪とは、発生のリスクがあります。

Read more ...

名誉毀損罪はどのような刑事事件?|刑事弁護士が解説

このページでは、名誉毀損罪がどのような刑事事件なのかについて、刑事弁護士が解説しています。名誉毀損罪は、名誉すなわち社会が与える評価としての名誉を保護法益としています。成立要件は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損することです。

Read more ...

刑事事件を起こすと懲戒解雇される?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件を起こすと懲戒解雇されるかについて、刑事弁護士が解説しています。罰金以上の確定判決を受けた場合や、禁錮以上の確定判決を受けた場合、就業規則の懲戒事由に当たるのが通常です。

Read more ...

車に関する刑事事件はどんなものがある?|刑事弁護士が解説

このページでは、自動車に関する刑事事件にはどのようなものがあるかについて、刑事弁護士が解説しています。人身事故・物損事故を起こした場合や、飲酒運転、無免許運転をした場合などが、車に関する刑事事件の代表例です。

Read more ...

侮辱罪はどんな刑事事件?|刑事弁護士が解説

このページでは、侮辱罪がどのような刑事事件化について、刑事弁護士が解説しています。事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した場合には、侮辱罪が成立します。逆に、事実の摘示によって人の名誉を毀損した場合には、名誉毀損罪となります。

Read more ...

暴力を振るうとどんな刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、暴力を振るうとどんな刑事事件になるかを知ることができます。ひと口に暴力といっても、その意味には最広義・広義・狭義・最狭義と何パターンもあります。それに応じて、求められる暴力の内容も変わるのです。

Read more ...

刑事事件で身元引受人はどの場面で必要?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件で身元引受人はどの場面で必要かということについて、刑事弁護士が解説しています。身元引受人が必要になるのは、主に、勾留されないことを求める場面、保釈を求める場面、執行猶予を求める場面などです。

Read more ...

刑事事件で不服申し立てはどんなときにできる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件では不服申し立てはどんなときにできるかについて、刑事弁護士が解説しています。刑事弁護士から見て重要な不服申し立ては、勾留されたこと、保釈が認められなかったこと、有罪判決を受けたことに対する不服申し立てです。

Read more ...

名誉毀損はどんな刑事事件?|刑事弁護士が解説

このページでは、名誉毀損罪がどのような刑事事件なのかについて、刑事弁護士が解説しています。名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損することによって成立する犯罪です。事実を摘示しなかった場合は、侮辱罪となる可能性があります。

Read more ...

強盗はどんな刑事事件?|刑事弁護士が解説

このページでは、強盗罪がどのような刑事事件かについて、刑事弁護士が解説しています。強盗罪は、暴行・脅迫を用いて他人の財物を強取した場合に成立します。また、窃盗犯が逮捕や取戻し等を免れるために暴行・脅迫した場合にも、強盗となります。

Read more ...

刑事事件における前科の影響とは|刑事弁護士が解説

このページでは、前科があなたにどのような影響を及ぼすかについて、刑事弁護士が解説しています。前科(特に刑期を終えてから5年以内のもの)があると、勾留、起訴、保釈、執行猶予のいずれの段階でも、不利に扱われやすくなります。

Read more ...

刑事事件における利益相反とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件における利益相反とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件における利益相反は、被告人同士の間だけでなく、たとえば被告人とその属する会社との間でも起こり得ます。

Read more ...

インターネット上の名誉毀損は刑事事件になるか?|刑事弁護士が解説

このページでは、インターネット上の名誉毀損が刑事事件になるかについて、刑事弁護士が解説しています。インターネット上での事実の書き込みは、それが書き込まれた相手の社会的評価を低下させるものであるときは、名誉毀損罪となります。

Read more ...

刑事事件のよくある相談
「警察沙汰で逮捕・呼出しを受けたら、前科がついて仕事もクビになり人生終了しかない?」

Q 警察沙汰になったら前科は避けられませんか?

警察沙汰になって逮捕や呼出しを受けても、必ず前科がつくわけではありません。多くの刑事事件は、警察沙汰になっても正しく対処すれば前科が付かない結果を得ることができます。前科が付かなければ、今まで通りの暮らしに戻れるケースが多いです。

Q 警察沙汰になっても仕事をクビにならず元の生活に戻れますか?

逮捕されてもすぐに釈放されたり、そもそも逮捕されなければ、元の生活に戻りやすくなります。事件が職場にバレるのは、逮捕後に長期間の身柄拘束を受けて無断欠勤が続いてしまう場合や、事件が起訴され裁判沙汰になりマスコミに実名報道されてしまう場合などです。逆に言えば、早期に釈放され不起訴で裁判沙汰にならず解決できれば、職場に事件を知られてクビになるリスクはかなり低くなります。

Q アトム法律事務所の刑事事件の実績は?

現在は月間2,500件以上の新規お問い合わせを頂いており、年間2,500件を越える刑事事件の法律相談に対応しています。年間400件以上の解決実績がありますので、ご相談者の事件と同じような事件にも、解決に向けたノウハウがありますからご安心ください。まずはお気軽にフリーダイヤルまでお問い合わせください。特に緊急性が高いため、逮捕や警察呼出しなどの事案は無料相談にも対応しています。

より詳しい解決方法は罪名別よくある質問に続く(アイコンをクリック

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴行、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族が逮捕中の方なら無料相談を受けられます

刑事弁護士に相談弁護依頼事件解決の流れ
親身で頼りになる刑事弁護士との相談予約を24時間体制で受付けています

10120-631-276に電話をかける。専属のスタッフが親身に対応します。

0120-631-276に電話をかける。専属のスタッフが親身に対応します。

ALPCの刑事弁護士に電話をかける

私たちALPCの弁護士は、あなたの絶対の味方です。
世間から「犯罪者」とののしられようとも、
社会から「変質者」と後ろ指を刺されようとも、
刑事事件を重点的に扱う私たちALPCだからこそ、
あなたは親身な対応を受けることができます。
あなたは親切な回答を受けることができます。

2弁護士に事件を相談する。プライバシー重視。完全個室で対応します。

弁護士に事件を相談する。プライバシー重視。完全個室で対応します。

事件について弁護士に相談する

私たちALPCの弁護士は、刑事事件を中心的に取り扱う専門家です。
会社や学校に伝わるのは絶対に避けたい内容であろうとも、
恥ずかしくて人に言いにくい悩みを抱えていようとも、
刑事事件を重点的に扱う私たちALPCだからこそ、
あなたは匿名で相談を受けることができます。
あなたは偽名でも相談を受けることができます。

3事件の解決方法を選ぶ。明確な料金体系。安心して依頼できます。

事件の解決方法を選ぶ。明確な料金体系。安心して依頼できます。

刑事弁護士に事件解決の方針を伝える

私たちALPCの弁護士は、事件に合った解決プランを提供します。
要望を実現するための弁護士費用はどれくらいかかるか、
明確に定めた料金体系を弁護士が詳しく説明するので、
あなたは最終的にかかる費用の目安を最初に把握できます。
相談だけ希望、セカンドオピニオン希望の方を歓迎しているので、
あなたは弁護士のアドバイスを聞くだけで帰ることもできます。

4プロの刑事弁護サービスを受ける。日常生活を無事に取り戻すことができます。

プロの刑事弁護サービスを受ける。日常生活を無事に取り戻すことができます。

事件が終わって弁護士から挨拶

ALPCの弁護士の活動によって、以下のメリットを受けられる場合があります。
ケース1:犯罪の前科なしで事件を終了することができる。
ケース2:会社や学校に事件のことを知られないで済む。
ケース3:示談成立で円満な解決を図ることができる。
ケース4:警察署や拘置所から早く出ることができる。
ケース5:犯罪をしていないという無実を証明することができる。

PAGETOP
0120-631-276 365日24時間 匿名相談可能