弁護士の活用法を大公開!

刑事弁護士と相談

お金に関する刑事事件は?|刑事弁護士が解説

お金に関する犯罪(刑事事件)には、どのようなものがあるかについて見てみましょう。 なお、ここでは、財産的価値のある物についても、お金と同じに扱って論じます。 お金に関する刑事事件(財産犯)は、(1)奪い取る、(2)騙し取 […]

刑事事件と民事事件との違いは?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件と民事事件との違いについて見てみましょう。 一般に刑事事件とは、ある行為について犯罪が成立するかどうか、また犯罪になるとしてどのような刑罰が科されるかが問題となる事件をいいます。 これに対して、民事事件 […]

当て逃げは刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

ここでは、当て逃げが犯罪(刑事事件)になるかについて見てみましょう。 一般に、当て逃げとは、自動車運転によって物損事故を起こした後、道路上の危険防止などの措置を講じたり警察への報告をしたりすることなく、その場から逃走する […]

業務上横領はどんな刑事事件?|刑事弁護士が解説

業務上横領罪は、どのような犯罪(刑事事件)なのでしょうか。 業務上占有している他人の物を横領した場合、業務上横領罪が成立します。 他人の物を占有する者が横領をした場合と比べて、占有を「業務上」の委託関係に基づいて行なって […]

詐欺の刑事事件の時効は?|刑事弁護士が解説

民事事件にも時効というものがありますが、刑事事件にも時効があります。 刑事事件の時効というのは、その期間が過ぎると事件について起訴することができなくなるという意味での時効です(公訴時効といいます)。 公訴時効の期間は、各 […]

国選弁護でも刑事弁護士に担当してもらえる?

ここでは、私選でなく国選弁護でも刑事弁護士に担当してもらえるかについて見てみましょう。 刑事事件に詳しい弁護士は、事件を私選で受任していることが多いです。 これは、刑事事件を1つの収入源としている以上、当然のことです。 […]

刑事事件で時効が撤廃されたってホント?|刑事弁護士が解説

平成22年、人を死亡させた罪の公訴時効に関して、法改正が行われました。 その結果、現在では、人を死亡させた罪であって法定刑に死刑を含むものについては、公訴時効が撤廃され、公訴時効が完成することはないこととされました。 子 […]

呪いをかけることは刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

人に呪いをかけることは、犯罪すなわち刑事事件になるでしょうか。 まず、犯罪が成立するためには、その行為が、犯罪行為としての定型を備えている必要があります。 つまり、たとえば殺人なら人を殺害する行為として、また脅迫なら人を […]

刑事事件の横領罪の時効は?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の横領罪の時効について見てみましょう。 一般に横領罪には、単純横領罪と業務上横領罪とがあります。 単純横領罪の法定刑は、5年以下の懲役です。 これに対して、業務上横領罪の法定刑は、10年以下の懲役です。 […]

名誉毀損はどんな刑事事件?|刑事弁護士が解説

名誉毀損罪は、どのような刑事事件(犯罪)なのでしょうか。 名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損することによって成立する犯罪です。 守ろうとしている法益は、人に対する社会からの評価としての名誉です。 「公然と」 […]

強盗はどんな刑事事件?|刑事弁護士が解説

ここでは、強盗罪がどのような犯罪(刑事事件)かについて見てみましょう。 強盗罪は、暴行または脅迫を用いて他人の財物を強取することによって成立する犯罪です。 また、暴行・脅迫を用いて不法に財産上の利益を得た場合にも、強盗罪 […]

刑事弁護士に相談する方法

犯罪の加害者になってしまい、刑事弁護士をお探しの方へ。このページでは、刑事弁護士に相談する方法について解説します。 ◎まず刑事弁護士を見つける。 まずは、インターネットで検索するなどして、刑事弁護士を見つける必要がありま […]

動物虐待は刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

他人の動物を傷害することは、動物傷害罪として処罰されます。 法定刑は、3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料です。 物理的に傷害したり死亡させたりすることだけでなく、飼育されている動物を失わせたり隠匿したりす […]

ネットでの名誉毀損は犯罪になる?|刑事弁護士が解説

インターネット上で他人の名誉を毀損する書き込みをした場合、犯罪になるでしょうか。 名誉毀損罪は、公然と事実を摘示して人の名誉を毀損した場合に成立します。 ここにいう「公然」とは、不特定または多数の人が認識し得る状態を指し […]

死亡診断書の偽造は刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

本ページでは、「死亡診断書を偽造することは犯罪(刑事事件)になるか、どのような犯罪に問われる可能性があるのか」について解説しています。 Q 医師が死亡診断書に虚偽の診断内容を記載した場合は? 刑法上、医師が公務所に提出す […]

刑事弁護士の無料相談

刑事弁護士の無料相談をご案内しています。 ◎相談できる内容 刑事事件の解決方法や、今後の流れについて相談することができます。 ・刑事事件の前科を付けない方法を知りたい。 ・犯罪の被害者と示談を締結したい。 ・家族が逮捕さ […]

どんな刑事事件がニュースになる?|刑事弁護士が解説

刑事事件は、どのような場合にニュースとして報道されるのでしょうか。 「○○の場合には、必ずニュースとして報道される」といった絶対の基準はありません。 他方、「※※のときは、ニュースとして報道されやすい」といった目安となる […]

刑事弁護士の相談料

刑事弁護士の相談料についてご案内しています。 ◎刑事弁護士の相談料 刑事弁護士との法律相談の相談料は、初回30分無料としています。30分単位で相談料を発生させる法律事務所も多いですが、刑事事件の相談の場合は、30分単位で […]

刑事弁護士の守秘義務って何?

「刑事弁護士は守秘義務を負う」と、よく言われます。 では、この守秘義務というものは、一体何なのでしょうか。 守秘義務というのは、弁護士が職務に関して知ることのできた秘密を漏らしてはならないというルールです。 たとえば、自 […]

刑事弁護士に刑事事件の通報義務はある?

公務員には、職務を遂行する上で犯罪(刑事事件)があることを知ったときは、通報しなければなりません。 では、刑事弁護士の場合は、犯罪を通報する義務はあるでしょうか。 刑事弁護士には、職務を遂行する上で被疑者・被告人に余罪( […]

刑事弁護士への相談の仕方は?

刑事事件の加害者になってしまったが、刑事弁護士に相談する方法が分からないという方へ。このページでは、刑事弁護士への相談の仕方について解説しています。 ◎まずは刑事弁護士を見つける。 まずは、相談する刑事弁護士を見つける必 […]

刑事事件はどんなときに報道される?|刑事弁護士が解説

刑事事件は、どんなときにマスメディアによって報道されるでしょうか。 以下のような要素がある場合には、刑事事件は報道されやすくなる傾向があります。 ▲ニュース性がある。  有名人またはその近親者が事件の当事者であるなどによ […]

刑事弁護士の成功報酬はいくらくらい?

刑事弁護士が弁護活動に成功した場合、成功報酬が発生します。 この成功報酬は、いくらくらいになるものでしょうか。 刑事事件の場合、民事事件と違って、弁護士の活動が成功した場合の利益が数値化しにくいという特徴があります。 そ […]

刑事弁護士にメールで無料相談

私たちの事務所では、メールでの無料相談には対応していませんが、メールでのお問い合わせには対応しています。刑事事件でお困りの方は、お気軽に、メールでお問い合わせください。 ◎よくある相談例 ・先日、盗撮の容疑で検挙されてし […]

道路交通法違反は刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

ここでは、道路交通法違反が刑事事件(犯罪)となるかについて見てみましょう。 道路交通法には、罰則が設けられています。 この罰則の対象となる違反行為は、刑事事件となります。 典型的な例としては、次のようなものがあります。 […]

刑事弁護士に専門分野はある?

民事事件を中心に扱う弁護士にもそれぞれの専門分野があるように、刑事弁護士にも、自分なりの専門分野というものはあります。 もともと専門分野は、弁護士が「この分野が好きだから、深く学びたい!」という理由で学び続けているうちに […]

刑事事件の罰金は分割払いできる?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の罰金は分割払いできるかについて見てみましょう。 刑事訴訟法や刑事訴訟規則には、罰金の分割払いを認めた規定はありません。 このことから、法は罰金の分割払いを予定していないと考えることが可能です。 実際、 […]

刑事事件における時効とは|刑事弁護士

民事事件にも時効がありますが、刑事事件にも時効があります。 刑事事件における時効とは、一定の期間を経過することによって、それ以降は事件について起訴することができなくなるという意味での時効です(公訴提起ができなくなるので、 […]

刑事事件の時効の起算日は?|刑事弁護士が解説

刑事事件の時効(公訴時効)は、犯罪行為が終わった時から進行します。 したがって、犯罪行為が終わった時が、時効の起算日となります。 この「犯罪行為が終わった時」に関して、後遺障害のように一定の期間が経ってから結果が発生する […]

刑事事件で時効が撤廃された?|刑事弁護士が解説

平成22年の法改正により、公訴時効に関するルールが変わりました。 まず、人を死亡させた罪で法定刑に死刑を含むもの(殺人罪、強盗致死罪など)については、時効が撤廃されました。 現在では、これらの罪について公訴時効が完成する […]

万引きはどのような刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

ここでは、万引きがどのような刑事事件になるかについて見てみましょう。 店から商品をこっそりと持ち去るという万引きは、窃盗罪に当たります。 窃盗罪は、他人の占有・管理する財物を、その意思に反して、自己または第三者の占有のも […]

刑事事件の流れを刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の流れを見てみましょう。 刑事事件は、次のような流れで進んでゆきます。 ▼容疑がかかる ↓ ▼警察官が捜査をする ↓(送致された場合) ▼検察官が捜査をする ↓ ▼検察官が起訴・不起訴を決定する ↓(起 […]

刑事事件の手続きの流れは?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の手続きの流れを見てみましょう。 刑事事件の手続きは、次のような流れで進みます。 ▼あなたに容疑がかかる ↓ ▼警察に捜査される ↓(書類送検されたとき) ▼検察に捜査される ↓ ▼検察官が起訴するかど […]

刑事弁護士に相談するには?

刑事弁護士に相談をするには、どのようにすればいいでしょうか。 方法はいくつか考えられます。 まず、法テラスや弁護士会の無料法律相談会に参加して、そこに刑事弁護士がいたら、相談をすることです。 ただし、その法律相談会に刑事 […]

刑事事件における責任能力とは|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件における責任能力とは何かについて見てみましょう。 責任能力とは、事物の是非・善悪を弁別し、かつ、それに従って自分の行動を制御できる能力のことをいいます。 もともと犯罪行為を行なった人に非難を加えて処罰を […]

刑事事件がマスコミに報道される場合とは?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件がマスコミに報道されるのはどのような場合かについて見てみましょう。 刑事事件について、「こうなったら確実にマスコミに報道される」という絶対の指標は、存在しません。 ただし、「こんな場合にはマスコミに報道 […]

刑事弁護士への依頼に着手金は必要?

刑事弁護士に弁護を依頼する場合、着手金は必要でしょうか。 通常、弁護士に弁護を依頼する場合、着手金が必要です。 これは刑事弁護士だけでなく、民事事件を中心に扱っている弁護士も同様です。 ただし、着手金の額は、事務所のスタ […]

恫喝は刑事事件になるか|刑事弁護士が解説

恫喝は、どのような刑事事件(犯罪)になるでしょうか。 可能性としては、強要罪、恐喝罪、脅迫罪になることが考えられます。 これらのうちいずれになるかは、以下のとおり、恫喝によって何をしようとした(させようとした)かによりま […]

逮捕されたら刑事弁護士を呼ぶことができる?

あなたが逮捕された場合、刑事事件に詳しい弁護士に接見(面会)に来てもらえたら、心強くて安心できます。 では、逮捕された場合、刑事弁護士を呼ぶことはできるでしょうか。 逮捕された後の取り調べでは、取調官から、「あなたには弁 […]

刑事弁護士と無料相談

最近は、法律事務所でも、無料相談を打ち出している事務所が多いです。昔は、有料相談(1時間1万円前後の法律相談料)がメインでしたが、今は、無料相談を打ち出している事務所の方が多いのではないかとすら感じます。 刑事弁護士も例 […]

暴行はどのような刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

暴行することは、どのような刑事事件になるのでしょうか。 (ここでは「暴行」は物理的な力を行使したという意味で用います) 暴行をすることは、次のような刑事事件になります。 (1)人または物に対して物理的な力を行使した場合 […]

刑事弁護士費用はどれくらいかかる?

刑事弁護士に依頼する場合、費用はどれだけかかるでしょうか。 以前は、刑事弁護士の報酬基準が統一で決まっていました。 そのため、どの弁護士に頼んでも、費用は基本的に同じでした。 現在では、弁護士の報酬について統一の基準はな […]

物損事故も刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

ここでは、自動車の物損事故も刑事事件になるかについて見てみましょう。 基本的に、物損事故それ自体は刑事事件になりません。 まず、刑法や自動車運転死傷行為処罰法は、自動車の運転によって人を死傷させた場合になって初めて、過失 […]

暴行罪はどのような刑事事件?|刑事弁護士が解説

ここでは、暴行罪はどのような刑事事件(犯罪)なのかについて見てみましょう。 暴行罪は、人に対して暴行を加えた場合であって、人を傷害するに至らなかったときに成立します。 法定刑は、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金ま […]

刑事事件における前科の影響とは|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件において、前科がどのような影響を及ぼすかを見てみましょう。 前科は、あなたに次のような影響を及ぼします(以下に挙げるものに限りません)。 ◆勾留されやすくなる  前科(特に刑期を終えてから5年以内のもの […]

学校内のことでも刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

ここでは、学校内で起きたことでも刑事事件になるかを解説します。 学校内で起きたことであっても、犯罪(刑事事件)の成立要件に該当する限り、刑事事件となります。 たとえば、以下のような刑事事件が学校内では起きる可能性がありま […]

刑事事件の前科とは|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の前科とは何かについて見てみましょう。 前科とは何かについて、厳密な定義はありません。 一般的には、前科とは、以前に有罪の確定判決を受けたことがあることをいうと理解されています。 前科は、検察庁内部のデ […]

刑事事件と行政事件との違いは?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件と行政事件との違いについて見てみましょう。 刑事事件は、あなた(被疑者・被告人)の行なった行為が犯罪となるかどうか、また犯罪になるとすればどのような刑罰が科されるかが問題となる事件です。 捜査機関が捜査 […]

名誉毀損罪はどのような刑事事件?|刑事弁護士が解説

ここでは、名誉毀損罪がどのような犯罪(刑事事件)なのかについて、見てみましょう。 名誉毀損罪は、名誉すなわち社会が与える評価としての名誉を保護法益としています。 名誉毀損罪の成立要件は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損 […]

迷惑メールを送りつけることは刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

嫌がらせのために迷惑メールを送りつけることは、犯罪(刑事事件)になるでしょうか。 迷惑メールの送りつけ行為は、次の2つの犯罪になる可能性があります。 (1)偽計業務妨害罪ないし威力業務妨害罪 迷惑メールを大量に送りつける […]

刑事事件を起こすと懲戒解雇される?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件を起こすと懲戒解雇されるかについて見てみましょう。 多くの会社では、懲戒事由として、罰金以上の確定判決を受けたことや、禁錮以上の確定判決を受けたことを挙げているのが通常です。 これは、このような判決を受 […]

刑事事件における利益相反とは|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件における利益相反とは何かについて見てみましょう。 一般に利益相反とは、ある利益と別の利益とが矛盾・対立して相容れない関係をいうと理解されています。 刑事事件における利益相反とは、たとえば共犯事件において […]

車に関する刑事事件はどんなものがある?|刑事弁護士が解説

ここでは、自動車に関する刑事事件にはどのようなものがあるかについて見てみましょう。 自動車に関係する刑事事件のうち代表的なものは、次のように整理できます。 自動車に関する事故は、人身事故と物損事故とに分けられます。 (1 […]

インターネット上の名誉毀損は刑事事件になるか?|刑事弁護士が解説

インターネット上で他人の名誉を毀損する書き込みをした場合、刑事事件(犯罪)になるでしょうか。 公然と事実を摘示して他人の名誉を毀損した場合、名誉毀損罪という犯罪が成立します。 「公然と」とは、不特定または多数の人が認識で […]

刑事事件で困ったら。刑事弁護士の選び方は?

刑事事件でお困りの方へ。刑事事件のトラブルを起こしてしまったら、刑事弁護士はどのようにして選べばよいのでしょうか? ◉専門分野で選ぶ。 刑事事件の弁護活動を受けたい場合は、刑事事件に精通した弁護士を選ぶべきです。弁護士の […]

刑事弁護士は謝罪文の書き方も教えてくれる?

被害者のいる犯罪を犯した場合、被害者宛ての謝罪文を書いて、弁護士づてに渡してもらうことがあります。 しかし、「書きたいことはいろいろとあるものの、どのような順序で書けばいいかわからない」とか、「下手な言葉を使って、相手を […]

偉そうな刑事弁護士はどうすれば良い?

刑事事件を数多く取り扱っていると、「知り合いに紹介してもらった刑事弁護士に事件を依頼したものの、態度が偉そうで腹が立つ。」「事件を依頼している刑事弁護士から偉そうに説教された。」「選任した刑事弁護士の態度が偉そうで、弁護 […]

刑事事件で刑事弁護士の選び方は?

あなたが刑事事件を起こしたとき、刑事弁護士はどのように選ぶのがいいでしょうか。 重要なのは、刑事事件に詳しい弁護士を選ぶことです。 では、その弁護士が刑事事件に詳しいかどうかは、どうすればわかるでしょうか。 同業者の弁護 […]

偉そうな刑事弁護士は信用できる?

刑事弁護士の中には、偉そうな態度をとる人がしばしばいます。 中には、事務員、検察官や裁判官に対して偉そうなだけでなく、依頼者や被害者に対してさえも、偉そうな態度をとる弁護士もいます。 それらの弁護士は、いわゆるヤメ検・ヤ […]

侮辱罪はどんな刑事事件?|刑事弁護士が解説

ここでは、侮辱罪がどのような刑事事件なのかについて見てみましょう。 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した場合には、侮辱罪が成立します。 逆に、事実を適示することによって人の名誉を毀損した場合には、名誉毀損罪となります […]

暴力を振るうとどんな刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

ここでは、暴力を振るうとどのような刑事事件(犯罪)になるのかについて見てみましょう。 ひと口に暴力といっても、様々な内容があります。 暴力の内容に応じて、次のように整理されています。 なお、ここで「暴力」とは、物理的な力 […]

刑事弁護士が窃盗の刑事事件について解説

このページでは、窃盗の刑事事件について解説します。 窃盗罪は、他人の占有・管理する財物を、その意思に反して、自己または第三者の占有のもとに移した場合に成立します。 強盗罪や恐喝罪との違いは、これらの罪が暴行・脅迫を用いて […]

刑事弁護士と交通事故

刑事弁護士とは、刑事事件をメインに取り扱う弁護士を言います。では、交通事故の弁護活動は、刑事弁護士の仕事なのでしょうか? ◉交通事故の性質 交通事故には、民事事件としての側面、行政事件としての側面、刑事事件としての側面が […]

刑事事件で身元引受人はどの場面で必要?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件で身元引受人がどのような場面で必要になるかについて見てみましょう。 身元引受人は、次のような場面で必要になります。 ◆勾留されないことを求める場面 勾留の要件の1つに、「逃亡のおそれがあること」がありま […]

刑事事件で不服申し立てはどんなときにできる?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件で不服申し立てはどんなときにできるかについて見てみましょう。 刑事事件で不服申し立てを行なう機会は、様々にあります。 ここでは、刑事弁護士から見て、主な不服申し立てを説明しましょう。 ◆勾留されたことに […]

刑事弁護士と守秘義務

刑事弁護士はクライアントに対して、相談を受けた内容に関して守秘義務を負います。したがって、まだ警察に発覚する前に事件を弁護士に相談したとしても、その内容を警察に密告されることはありません。 刑事弁護士はクライアントに対し […]

刑事弁護士費用はどれくらいかかる?

刑事弁護士に依頼する場合、費用はどれだけかかるでしょうか。 以前は、刑事弁護士の報酬基準が統一で決まっていました。 そのため、どの弁護士に頼んでも、費用は基本的に同じでした。 現在では、弁護士の報酬について統一の基準はな […]

刑事弁護士に無料相談するには

刑事弁護士に無料相談をするには、どうすればいいでしょうか。 1つの方法は、各地の弁護士会や法テラスが提供している無料相談会に参加して、刑事事件について相談することです。 ただし、これには、刑事弁護士がその無料相談会に出席 […]

刑事弁護士は私選で頼む方がいい?

「刑事弁護士は私選で頼む方がいいんでしょうか?」という相談を受けることがあります。 刑事事件に詳しい弁護士に弁護人になってもらいたいとご希望なら、私選でつけることをお勧めします。 たしかに、国選弁護制度によっても、弁護人 […]

刑事弁護士は余罪対応のアドバイスもしてくれる?

刑事事件が警察に発覚したとき、今回の件だけでなく、まだ自分が犯人だと発覚していない余罪があるということがしばしばあります。 この場合、余罪について自分から申告すべきか、警察の対応を見てからに申告すべきか、知らないと突っぱ […]

刑事事件の時効の特徴は?|刑事弁護士が解説

民事事件にも時効がありますが、刑事事件にも、時効があります。 刑事事件の時効は、一定の期間を経過すると、以後はその事件について起訴することができなくなるという意味での時効です(公訴時効といいます)。 この公訴時効には、民 […]

交通事故は刑事事件になる?|刑事弁護士が解説

ここでは、交通事故は刑事事件になるかについて見てみましょう。 交通事故には、物損事故と人身事故とがあります。 まず、物損事故は、故意に起こしたのでない限り、刑事事件となりません(故意に起こした場合は、器物損壊罪となります […]

傷害はどのような刑事事件?|刑事弁護士が解説

ここでは、傷害罪がどのような刑事事件(犯罪)か見てみましょう。 傷害罪は、人の身体を傷害することによって成立します。 法定刑は、15年以下の懲役または50万円以下の罰金です。 「傷害」とは、人の生理機能に障害を与えること […]

刑事事件が会社にばれる原因は?|刑事弁護士が解説

あなたが刑事事件を起こしたとします。 このことは、会社にばれてしまうでしょうか。また、ばれるとすれば、どのようなきっかけ(ルート)によってでしょうか。 あなたの刑事事件が会社にばれる可能性があるのは、次のようなきっかけに […]
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 友だち追加

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

以上のような事でお悩みなら

お悩みを解消するのに一番良い方法は、刑事事件専門の弁護士に相談することです。刑事弁護士の適切な弁護を受けることで、あなたは平穏な日常生活を取り戻すことが期待できます。

弁護を受けると
例えば、このような結果を実現できることがあります。

  • 逮捕・勾留にならずに済む。
  • 会社や学校に事件を知られずに済む。
  • 示談成立で起訴されずに済む。
  • 罰金を科されず前科も付かずに済む。
  • 執行猶予となり刑務所に入らず済む。
  • 無実であることが証明される。

お困りならすぐにお電話ください。

初めて弁護士事務所に電話する方もご安心ください。親切・丁寧な対応を心掛ける弊所の専属スタッフがお待ちしております。

問い合わせだけでも大丈夫です。
まずはフリーダイヤルにお電話ください。

  • 24時間365日、お待ちしております。
  • 携帯・非通知でもお電話いただけます。
  • 刑事専門の専属スタッフが対応します。
  • 秘密が外に漏れることはありません。
  • ご家族が逮捕中の方は相談無料です。
警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

無料相談から解決までの流れ

1電話で相談を予約する

24時間365日受け付けています。
匿名・非通知でもお電話いただけます。

2刑事弁護士に悩みを相談する

秘密厳守を徹底しています。
ご家族が逮捕中の方は相談無料です。

3解決のための弁護を依頼する

活動開始前に費用を明確に説明します。
相談のみ希望の方も歓迎です。

お悩み解決例

逮捕勾留が長引かず帰宅できました。
誰にもバレず職場復帰できました。
示談成立で不起訴になりました。
犯罪の前科が付かずに済みました。
無実を証明してもらえました。

警察沙汰を起こしてしまったとき…

素人の判断で処理をするのは危険です。
逮捕や起訴が決まる前にお電話ください。

0120-631-276
24時間365日/秘密厳守
刑事弁護士との相談予約を受付中です

  • 友だち追加

▼ 閉じる ▼