前科がつかないように解決

刑事弁護士が前科をつかないように解決

周囲にバレないように解決

周囲にバレないように刑事弁護士が解決

示談成立で円満に解決

刑事弁護士で示談成立で円満に解決

秘密厳守。匿名で相談できます。
日本全国24時間受付 0120-631-276

ALPCについて


秘密厳守。匿名で相談できます。
日本全国24時間受付 0120-631-276

営業時間のご案内

私たちALPCの受付は365日24時間受付です。
予約専用フリーダイヤルは携帯電話・PHSからもお電話がつながります。

刑事弁護士の相談フリーダイヤル0120-631-276

秘密厳守。匿名で相談できます。

※ 新型コロナ感染予防の取組

刑事弁護士と刑事裁判

刑事事件の判決文の入手方法|刑事弁護士が解説

判決文は当然には送達されないので、こちら側から交付を申請する必要があります。申請の方法は、申請書を担当書記官に渡せばいいだけなので、簡単です。

Read more ...

刑事事件で判決文を閲覧する方法|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件で判決文を閲覧する方法について知ることができます。訴訟の終結後は、誰でも、原則として訴訟記録を閲覧することができます。また、被告人や弁護人など訴訟関係人は、自腹で、判決書の謄本を請求できます。

Read more ...

刑事事件の記録は閲覧できる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の記録は閲覧できるかについて知ることができます。訴訟の終結後は、誰でも、原則として訴訟記録を閲覧できます。他方、捜査段階の記録は、公判廷に提出されていないものについては、閲覧できません。

Read more ...

刑事事件の乙号証とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の乙号証とは何かについて、刑事弁護士が説明しています。乙号証は、被告人の供述調書・身上関係書類・前科関係書類など、被告人に関する証拠をいいます。甲号証の取り調べが終わった後で、乙号証が取り調べられます。

Read more ...

刑事事件の公判の流れとは|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の公判の流れを刑事弁護士が解説します。刑事事件の公判は、冒頭手続きで攻撃・防御の対象となる事実を明らかにして、証拠調べでその事実について証拠を調べ、、論告・弁論で証拠調べの総括をした上で、判決を言い渡します。

Read more ...

刑事事件の罪はどのように決まる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の罪の重さはどのように決まるかについて、刑事弁護士が解説しています。罪の重さは、犯行態様の危険性・悪質性、結果の重大性、動機の悪質性を軸として決められます。同種前科や被害者の感情も考慮されます。

Read more ...

刑事事件の判決書には何を書く?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の判決書には何が記載されるかについて、刑事弁護士が解説しています。有罪の場合の判決書には、罪となるべき事実、証拠の標目、法令の適用を記載しなければならないほか、量刑の理由も記載するのが通常です。

Read more ...

刑事事件の偽証罪とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の偽証罪とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。偽証罪は、法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をした場合に成立します。では「虚偽の陳述」とは、何を基準にして判断されるのでしょうか。

Read more ...

刑事事件の原告は誰?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の原告は誰であるかについて、刑事弁護士が解説しています。刑事訴訟では、検察官が国家を代表して被告人を訴追し、刑事訴訟を追行します。その意味で、刑事事件(刑事訴訟)の原告は検察官だといえます。

Read more ...

刑事事件の統計はどう調べる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の統計はどう調べればいいかについて、刑事弁護士が解説しています。警察庁、検察庁、裁判所が、刑事手続のそれぞれの段階に関して、統計を発表するほか、白書を出しています。

Read more ...

刑事事件の判決を入手するには|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の判決を入手する方法について、刑事弁護士が解説しています。起訴状と異なり、判決書は、当然には被告人・弁護人のもとに送達されるわけではありません。被告人の側で、判決書謄本の交付を請求する必要があります。

Read more ...

刑事事件で無罪のときも控訴される?|刑事弁護士が解説

このページでは、あなたが刑事事件で無罪となったときでも控訴されるかについて説明しています。検察官は、原判決を被告人の不利益に変更するために控訴することができます。そのため、第一審で無罪だったときでも、検察官からの控訴があり得ます。

Read more ...

刑事事件の略式処理とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の略式処理とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。略式手続とは、法定刑に100万円以下の罰金または科料の刑に処する場合に、公判を開くことなく、書面審理のみで罰金・科料を科する簡易な手続のことです。

Read more ...

行政書士は刑事事件の刑事弁護人になれる?|刑事弁護士が解説

このページでは、行政書士を刑事事件の刑事弁護人とできるかについて知ることができます。弁護人は原則として、弁護士の中から選任される必要があります。例外的に簡易裁判所や地方裁判所では、一定の場合に行政書士を弁護人とすることができます。

Read more ...

刑事事件の罰金刑も前科になる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の罰金刑も前科になるかということについて、刑事弁護士が解説しています。罰金刑は、例外なく前科になります。罰金刑は、あなたが有罪だと認められる場合に、刑罰の執行の仕方として、罰金が選択されただけです。

Read more ...

刑事事件の第一審はどのように進む?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の第一審がどのように進むかについて、刑事弁護士が解説しています。第一審は、冒頭手続き→証拠調べ手続き→論告・弁論→判決の流れで進んでゆきます。

Read more ...

刑事事件で罰金を分割払いできるか|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件で罰金を分割払いできるかということについて、刑事弁護士が解説しています。罰金は基本的に、一括で納付しなければなりません。検察庁の徴収課が分割払いを認めてくれることは、可能性としてはありますが、稀な場合でしょう。

Read more ...

刑事事件の冒頭陳述とは|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の冒頭陳述とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。冒頭陳述とは、証拠調べ手続の冒頭に、証拠によって証明すべき事実を明らかにすることです。通常の事件では検察官のみが行ないますが、裁判員裁判では、検察官だけでなく弁護人も必ず冒頭陳述を行ないます。

Read more ...

刑事事件の調書を閲覧するには|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の調書を閲覧する方法について知ることができます。刑事訴訟が終結した後は、誰でも、基本的に訴訟記録を閲覧することができます。訴訟記録は検察庁で保管されています。

Read more ...

刑事事件の控訴期限とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の控訴期限について、刑事弁護士が解説しています。控訴期限は、判決の言い渡しの翌日から14日です。判決言い渡しが1日なら、控訴期限は15日です。16日になると控訴できなくなります。

Read more ...

刑事事件の起訴とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の起訴とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件の起訴には、略式手続による起訴(略式起訴)と正式裁判を求める起訴(公判請求)とがあります。略式起訴によるときは、罰金を納付すれば終結します。

Read more ...

刑事事件の裁判の流れは?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の裁判の流れについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件の裁判は、冒頭手続き→証拠調べ手続き→論告・弁論→判決言い渡しの流れで進んでゆきます。

Read more ...

刑事事件の確定とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の確定とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。判決が確定したとき、刑事事件自体も確定します。判決の確定は、上訴権の消滅や、最上級審での上訴棄却などによって生じます。

Read more ...

刑事事件の控訴期間は?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の控訴期間について、刑事弁護士が解説しています。控訴期間は、判決言い渡しの翌日から数えて14日間です。7月15日に判決が言い渡された場合、翌16日から数えて14日目に当たる7月29日が満期日です。

Read more ...

刑事事件で誓約書はどんなときに書く?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件において誓約書をどのように書くかについて、刑事弁護士が解説しています。勾留阻止や保釈獲得に向けて、被疑者・被告人名義の誓約書を添付資料として提出することがしばしばあります。

Read more ...

刑事事件の判決謄本の入手は手数料がかかる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件で判決謄本を入手するには手数料がかかるかについて、刑事弁護が解説しています。判決書の謄本の交付を請求するには、自己の費用で行なう必要があります。

Read more ...

刑事事件にかかった費用はどうなる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件にかかった費用はどうなるかについて、刑事弁護士が解説しています。有罪判決を言い渡した場合、原則として訴訟費用は被告人が負担することになります。

Read more ...

刑事事件の保釈とは?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の保釈とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。保釈とは、あなた(被告人)が起訴された後で勾留されている場合に、判決までの間、一時的に身柄拘束を解くものです。

Read more ...

刑事事件における黙秘権とは?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件における黙秘権とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。黙秘することや供述を拒否することは、あなたに認められた権利です。その権利を行使しても、それを理由に不利益な取り扱いを受けることはありません。

Read more ...

刑事事件における略式起訴とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件における略式起訴とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。略式起訴とは、公判を開かず書面審理によって、100万円以下の罰金または科料を科する手続きです。あなたに異議がない場合に初めて略式で処理されます。

Read more ...

刑事事件における論告とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件における論告とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。論告とは、証拠調べが終わった後、検察官が事実と法律の適用とについて意見を述べることです。論告の際には、併せて求刑に関する意見も述べます。

Read more ...

刑事事件で証拠の原本はどのように扱われる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件で証拠の原本はどのように扱われるかについて、刑事弁護士が解説しています。拠書類や証拠物について証拠調べが終わった場合には、遅滞なく、これらを裁判所に提出することとされています。その後は裁判所で保管されます。

Read more ...

刑事事件における没収とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件における没収について、刑事弁護士が解説しています。没収は、判決において主たる刑を言い渡す場合に、これに付加して科せられる刑罰です。没収された物は、所有権が剥奪されて、国庫に帰属します。

Read more ...

刑事事件の公判の予定はどのように立てられる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の公判の予定はどのように立てられるかについて、刑事弁護士が解説しています。通常の事件では、起訴からおおむね1か月後くらいに第1回期日が開かれます。自白事件なら、第1回期日で結審し、第2回期日で判決です。

Read more ...

刑事弁護士は刑事事件の判決謄本を入手できる?

このページでは、刑事弁護士が刑事事件の判決謄本を入手できるかについて知ることができます。判決謄本は当然には送達されないので、被告人・弁護人の側から交付を請求する必要があります。しかも、自分の費用によるものとされています。

Read more ...

刑事事件の確定判決を閲覧するには|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の確定判決を閲覧する方法について、刑事弁護士が解説しています。刑事被告事件の終結後は、誰でも、基本的に訴訟記録を閲覧することができます。この仕組みによって判決書も閲覧することができます。

Read more ...

刑事事件の期日請書とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の期日請書について、刑事弁護士が解説しています。期日請書とは、弁護人が公判期日の通知を受けたことを明らかにする書面のことです。

Read more ...

刑事事件の裁判の費用は誰が負担する?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事裁判の費用は誰が負担するかに関して、刑事弁護士が解説しています。有罪として刑を言い渡す場合、裁判にかかった費用は、被告人が貧困のため明らかに納付できない場合でない限り、被告人に負担させなければなりません。

Read more ...

刑事事件で判決を謄写するには|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件で判決を謄写する方法について、刑事弁護士が解説しています。被告人や弁護人は、判決書の謄本の交付を請求できます。判決言い渡しの期日に、担当書記官に対して、判決謄本交付申請書という書類を渡せばいいのです。

Read more ...

刑事弁護士が刑事事件の略式命令について解説

このページでは、刑事事件の略式命令について、刑事弁護士が解説しています。略式命令は、簡易裁判所が、公判を開かずに書面審理のみによって、100万円以下の罰金または科料を科するものです。

Read more ...

刑事事件の控訴期間は?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の控訴期間について、刑事弁護士が解説しています。控訴期間は、判決言い渡しの翌日から14日間とされています。言い渡しから15日目になったときは、控訴権が消滅し、控訴はできなくなります。

Read more ...

刑事事件の裁判記録は閲覧できる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の裁判記録は閲覧できるかについて、刑事弁護士が解説しています。刑事訴訟法上、刑事被告事件が終結した後は、誰でも、原則として訴訟記録を閲覧することができます。

Read more ...

刑事事件の訴訟記録を閲覧するには?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の訴訟記録を閲覧する方法について、刑事弁護士が解説しています。刑事被告事件が終結した後は、誰でも、原則として訴訟記録を閲覧することができます。

Read more ...

刑事事件の訴訟費用は誰が負担する?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の訴訟費用は誰が負担するかについて、刑事弁護士が解説しています。有罪として刑を言い渡す場合、貧困のため明らかに訴訟費用を納付できないときを除き、訴訟費用は被告人が負担します。

Read more ...

刑事事件で供述調書は刑事弁護士に開示される?

このページでは、刑事事件で刑事弁護士は供述調書の開示を受けられるかについて知ることができます。、刑事弁護人は、検察官が証拠調べを請求する予定の供述調書については、証拠調べ期日に先立って、検察官からその供述調書を開示されます。

Read more ...

刑事事件の罪の種類は?(厳密には罰の種類)|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の罪(厳密には罰)の種類にはどのようなものがあるかについて、刑事弁護士が解説しています。刑罰の種類には、重い順に、死刑→懲役→禁錮→罰金→勾留→科料があります。

Read more ...

刑事事件の控訴状の提出先は?|刑事弁護士が解説

ここでは、刑事事件の控訴上の提出先について、刑事弁護士が解説しています。控訴をするには、控訴申立書を第一審の裁判所に差し出さなければなりません。第一審の裁判所と検察官が、判決確定の成否を速やかに知ることができるようにするためです。

Read more ...

刑事事件で判決謄本を申請するには|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件で判決謄本を申請する方法について、刑事弁護士が解説しています。被告人や弁護人等は、自己の費用で、判決書や公判調書の謄本の交付を請求することができます。

Read more ...

刑事事件の弁論の併合とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の弁論の併合について、刑事弁護士が解説しています。被告人または公訴事実が複数ある場合には、弁論も複数となります。数個の事件の弁論を同時に並行して審理できるようにするのが、弁論の併合です。

Read more ...

刑事事件における略式裁判とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件における略式裁判について、刑事弁護士が解説しています。略式裁判とは、簡易裁判所が、検察官の請求により、公判を開かずに書面審理のみによって、100万円以下の罰金または科料を科する略式命令を発するものです。

Read more ...

刑事事件の裁判の傍聴は自由?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の裁判の傍聴は自由かということについて、刑事弁護士が解説しています。裁判の審理・判決は公開されており、傍聴は自由に行なうことができます。ただし、傍聴席が埋まってしまった場合には、事実上傍聴できません。

Read more ...

刑事弁護人は刑事事件の記録を謄写できる?

このページでは、刑事弁護人は刑事事件の記録を謄写できるかについて知ることができます。弁護人は、刑事事件が起訴された後、裁判所において、訴訟に関する書類及び証拠物を閲覧し、かつ謄写することができます。

Read more ...

刑事事件で起訴された後の流れは?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件で起訴された後の流れについて、刑事弁護士が解説しています。起訴後の手続きの流れは、期日の指定→(期日になると)起訴状朗読などの冒頭手続、証拠調べ、論告・弁論→判決言い渡し、の流れで進んでゆきます。

Read more ...

刑事事件の記録を閲覧できる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の記録を閲覧できるかについて、刑事弁護士が解説しています。刑事被告事件が終結した後は、誰でも原則として訴訟記録を閲覧することができます。閲覧の申請先は検察官です。

Read more ...

刑事事件の確定記録は謄写できる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の確定記録を謄写することができるかについて、刑事弁護士が解説しています。弁護人は、起訴後・事件の確定前であっても、書類と証拠物を謄写できます。これに対して、弁護人以外の人は、確定後に閲覧できるだけです。

Read more ...

税理士でも刑事事件の刑事弁護士(弁護人)になれる?

このページでは、税理でも刑事事件の刑事弁護士(弁護人)となることができるかについて知ることができます。私選弁護人であれば、簡易裁判所や地方裁判所でなら、一定の場合には税理士でも弁護人に選任されることができます。

Read more ...

刑事事件で罰金を払えないとどうなる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件で罰金を払えないとどうなるかについて、刑事弁護士が解説しています。罰金を完納できないときは、判決主文で、一定の割合によって罰金額を日数に換算され、その日数の間、労役場に留置されて刑務作業に従事させられます。

Read more ...

刑事事件の公判は傍聴できる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の公判を傍聴できるかについて、刑事弁護士が解説しています。憲法上、裁判の審理と判決は公開の法廷で行なうこととされています。したがって、刑事事件の公判も、誰でも、原則として傍聴することができます。

Read more ...

刑事事件の有罪判決には何を書く?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の有罪判決に何を書くかということについて、刑事弁護士が解説しています。有罪の言い渡しをするには、判決には、罪となるべき事実・証拠の標目そして法令の適用を示す必要があります。量刑の理由も書くのが通常です。

Read more ...

未成年の刑事事件はどのように扱われる?|刑事弁護士が解説

このページでは、未成年の刑事事件がどのように扱われるかについて、刑事弁護士が解説しています。未成年の起こした刑事事件は、原則として家庭裁判所で扱われ、少年審判となります。つまり、基本的に、通常の刑事裁判では裁かれないのです。

Read more ...

刑事事件の判決の確定とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の判決の確定というものについて、刑事弁護士が解説しています。判決の確定は、判決がこれ以上不服申し立てをすることができなくなった状態になったときに生じます。確定後は、検察官が判決の執行を指揮します。

Read more ...

刑事事件の裁判の流れは?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の裁判はどのような流れで行なわれるかについて、刑事弁護士が解説しています。刑事裁判は、冒頭手続き→証拠調べ手続→検察官の論告・弁護人の弁論→判決言い渡しという流れで行なわれます。

Read more ...

刑事弁護士は刑事事件で記録謄写できる?

このページでは、刑事弁護士は刑事事件で記録謄写をできるかについて知ることができます。刑事弁護人は、事件が起訴された後は、判決の確定を待たなくても、訴訟に関する書類と証拠物を閲覧・謄写することができます。

Read more ...

刑事事件の判決を閲覧できる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の判決を閲覧できるかについて、刑事弁護士が解説しています。刑事被告事件が終結した後は、誰でも、原則として訴訟記録を閲覧することができます。

Read more ...

刑事事件の裁判は傍聴できる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の裁判は傍聴できるかについて、刑事弁護士が解説しています。憲法上、裁判の審理と判決とは公開の法廷で行なうこととされています。そのため、刑事事件の関係者以外の人であっても、傍聴することができるのです。

Read more ...

刑事事件における不服申し立てとは?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件における不服申し立てについて、刑事弁護士が解説しています。刑事弁護士にとって代表的な不服申し立てとして、勾留決定・勾留延長決定や保釈不許可決定に対する準抗告・抗告、そして有罪判決に対する上訴などがあります。

Read more ...

裁判所で刑事事件を傍聴できる?|刑事弁護士が解説

このページでは、裁判所で刑事事件を傍聴できるかについて、刑事弁護士が解説しています。裁判の審理と判決とは、公開の法廷で行ないます。そのため、刑事事件の審理と判決も公開されているので、傍聴することができます。

Read more ...

刑事事件の裁判ではどんな手続きが行なわれる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の裁判ではどのような手続きが行なわれるかについて、刑事弁護士が解説しています。刑事裁判では、冒頭手続き→証拠調べ手続lき→検察官の論告・弁護人の弁論→判決言い渡し、の順で手続きが行なわれます。

Read more ...

刑事弁護士も刑事事件で証拠を提出できる?

このページでは、刑事弁護士も刑事事件で証拠を提出できるかについてしることができます。検察官だけでなく、弁護人(刑事弁護士)と被告人も、証拠調べを請求することができます。

Read more ...

刑事事件の確定記録を閲覧するには|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の確定記録を閲覧する方法について、刑事弁護士が解説しています。刑事被告事件が終結した後は、誰でも、原則として訴訟記録を閲覧することができます。閲覧の申請先は、記録の保管者です。

Read more ...

刑事事件の起訴とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の起訴とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件の起訴は、捜査の一応の区切りとなると同時に、公判手続きが始まるスタートラインでもあるのです。

Read more ...

刑事事件の控訴とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の控訴について、刑事弁護士が解説しています。あなたが地方裁判所あるいは簡易裁判所の第一審で有罪判決を受けたときは、控訴をすることができます。控訴をすると、判決の確定は停止します。

Read more ...

刑事事件の証拠にはどんなものがある?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の証拠にはどのようなものがあるかについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件の証拠には、証拠書類・証拠物・人証があります。どれが一番重要であるかは、その事件の証拠構造によって決まります。

Read more ...

刑事事件で第三者は傍聴や閲覧ができる?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件において事件と関係のない第三者も傍聴や閲覧ができるかについて、刑事弁護士が解説しています。第三者であっても、審理・判決を傍聴することや、事件終結後に記録を閲覧することができます。

Read more ...

刑事事件の判決文を閲覧するには?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の判決文を閲覧する方法について、刑事弁護士が解説しています。刑事被告事件が終結すると、誰でも、原則として判決文を閲覧することができるようになります。第一審裁判所に対応する検察庁の検察官に閲覧を申請します。

Read more ...

刑事事件の確定記録を閲覧するには?|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の確定記録を閲覧するための方法について、刑事弁護士が解説しています。刑事被告事件が終結した後は、誰でも、原則として訴訟記録を閲覧することができます。これにより、確定記録を閲覧することができます。

Read more ...

刑事事件の起訴とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件における起訴とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件で起訴が行なわれると、捜査が一応の終結を迎えます。起訴後は、公判手続きが開始し、あなたは被告人の立場に置かれます。

Read more ...

刑事事件の裁判の流れを刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の裁判の流れを刑事弁護士が解説しています。刑事裁判は、冒頭手続き→証拠調べ手続→論告・弁論→判決言い渡し、の流れで進んでゆきます。

Read more ...

刑事事件の起訴とは|刑事弁護士が解説

このページでは、刑事事件の起訴とは何かについて、刑事弁護士が解説しています。刑事事件の起訴とは、あなたを捜査の対象者(被疑者)から刑事訴訟の当事者(被告人)へと転換させる効果を持っています。

Read more ...

刑事事件のよくある相談
「警察沙汰で逮捕・呼出しを受けたら、前科がついて仕事もクビになり人生終了しかない?」

Q 警察沙汰になったら前科は避けられませんか?

警察沙汰になって逮捕や呼出しを受けても、必ず前科がつくわけではありません。多くの刑事事件は、警察沙汰になっても正しく対処すれば前科が付かない結果を得ることができます。前科が付かなければ、今まで通りの暮らしに戻れるケースが多いです。

Q 警察沙汰になっても仕事をクビにならず元の生活に戻れますか?

逮捕されてもすぐに釈放されたり、そもそも逮捕されなければ、元の生活に戻りやすくなります。事件が職場にバレるのは、逮捕後に長期間の身柄拘束を受けて無断欠勤が続いてしまう場合や、事件が起訴され裁判沙汰になりマスコミに実名報道されてしまう場合などです。逆に言えば、早期に釈放され不起訴で裁判沙汰にならず解決できれば、職場に事件を知られてクビになるリスクはかなり低くなります。

Q アトム法律事務所の刑事事件の実績は?

現在は月間2,500件以上の新規お問い合わせを頂いており、年間2,500件を越える刑事事件の法律相談に対応しています。年間400件以上の解決実績がありますので、ご相談者の事件と同じような事件にも、解決に向けたノウハウがありますからご安心ください。まずはお気軽にフリーダイヤルまでお問い合わせください。特に緊急性が高いため、逮捕や警察呼出しなどの事案は無料相談にも対応しています。

より詳しい解決方法は罪名別よくある質問に続く(アイコンをクリック

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴行、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族が逮捕中の方なら無料相談を受けられます

刑事弁護士に相談弁護依頼事件解決の流れ
親身で頼りになる刑事弁護士との相談予約を24時間体制で受付けています

10120-631-276に電話をかける。専属のスタッフが親身に対応します。

0120-631-276に電話をかける。専属のスタッフが親身に対応します。

ALPCの刑事弁護士に電話をかける

私たちALPCの弁護士は、あなたの絶対の味方です。
世間から「犯罪者」とののしられようとも、
社会から「変質者」と後ろ指を刺されようとも、
刑事事件を重点的に扱う私たちALPCだからこそ、
あなたは親身な対応を受けることができます。
あなたは親切な回答を受けることができます。

2弁護士に事件を相談する。プライバシー重視。完全個室で対応します。

弁護士に事件を相談する。プライバシー重視。完全個室で対応します。

事件について弁護士に相談する

私たちALPCの弁護士は、刑事事件を中心的に取り扱う専門家です。
会社や学校に伝わるのは絶対に避けたい内容であろうとも、
恥ずかしくて人に言いにくい悩みを抱えていようとも、
刑事事件を重点的に扱う私たちALPCだからこそ、
あなたは匿名で相談を受けることができます。
あなたは偽名でも相談を受けることができます。

3事件の解決方法を選ぶ。明確な料金体系。安心して依頼できます。

事件の解決方法を選ぶ。明確な料金体系。安心して依頼できます。

刑事弁護士に事件解決の方針を伝える

私たちALPCの弁護士は、事件に合った解決プランを提供します。
要望を実現するための弁護士費用はどれくらいかかるか、
明確に定めた料金体系を弁護士が詳しく説明するので、
あなたは最終的にかかる費用の目安を最初に把握できます。
相談だけ希望、セカンドオピニオン希望の方を歓迎しているので、
あなたは弁護士のアドバイスを聞くだけで帰ることもできます。

4プロの刑事弁護サービスを受ける。日常生活を無事に取り戻すことができます。

プロの刑事弁護サービスを受ける。日常生活を無事に取り戻すことができます。

事件が終わって弁護士から挨拶

ALPCの弁護士の活動によって、以下のメリットを受けられる場合があります。
ケース1:犯罪の前科なしで事件を終了することができる。
ケース2:会社や学校に事件のことを知られないで済む。
ケース3:示談成立で円満な解決を図ることができる。
ケース4:警察署や拘置所から早く出ることができる。
ケース5:犯罪をしていないという無実を証明することができる。

PAGETOP
0120-631-276 365日24時間 匿名相談可能